ドッグフードランキング

【2018年版】C&R(旧S.G.Jプロダクツ)ドッグフードの評価

C&Rドッグフード

C&Rはそれほど有名なドッグフードではありません。

そんなC&Rドッグフードを調べてこの記事にたどり着いた方は愛犬の健康に非常に気を付けていらっしゃることだと思います。

だからこそ、C&Rは客観的に見て、全く良いドッグフードではないことをこの記事を通してお伝えしたいです。

この記事の内容は以下の通りです。

  1. 簡単な紹介と総評
  2. 成分や原材料の紹介、原材料の解説
  3. 栄養素・安全性・コスパ・口コミの評価
  4. 想定される質問とその答えの紹介(アレルギー・涙やけ・被毛・皮膚・ダイエット・シニアに良いかなど)

このページを読んでいただければ、C&Rを僕がおすすめしない理由を全部納得していただけると確信しています。購入前に参考にしてください。

C&Rドッグフードとは?

C&Rドッグフードは「株式会社LINNA商会」が販売していたドッグフード「S.G.Jプロダクツ」が名称変更された、オーストラリア産の無添加ドッグフードです。

オーストラリアは1960年代より行われている牛肉などのトレーサビリティなどにより、牛海綿状脳症(BSE)など家畜の主な疫病が発生していない国として国際的に認知されているため、オーストラリアで製造していると言います。

2018年現在、存在するラインナップは5つです。

成犬
ビーフ・ミレット 主原料】牛肉,キビ,玄米
危険な原材料】なし
【一言】一番スタンダード
オーガニック・ドッグ 主原料】牛肉,ラム肉,ソルガム
危険な原材料】なし
【一言】100%オーガニック原材料使用
セミベジタリアン 主原料】オーツ麦,魚類,カボチャ
危険な原材料】なし
【一言】第一原材料が穀物なので栄養素・安全性に不安
プレミアムドッグ・小粒 主原料】ラム肉,キビ,玄米
危険な原材料】カノラオイル(トランス脂肪酸)
【一言】カノラオイルを使用しており安全性に不安
プレミアムドッグ・普通粒 主原料】ラム肉,キビ,玄米
危険な原材料】カノラオイル(トランス脂肪酸)
【一言】カノラオイルを使用しており安全性に不安
このページでは一番スタンダードな「C&R ビーフ・ミレット」(以降:C&R)の情報にもとづいて評価していきます。

カノラオイルに含まれるトランス脂肪酸はアレルギーや生活習慣病の原因になり、WHO(世界保健機関)には命を奪う有毒化学物質としてその危険性が指摘されています。

C&Rドッグフードの総評

C&Rドッグフードは健康に欠かせないタンパク質と脂質が少なく、あまり必要でない太りやすい炭水化物が多いため栄養素は低いです。
また、穀物の使用をしている点、食物繊維が過剰気味な点など安全性に対する不安要素があります。
かと言って安いわけでも口コミが良いわけでもありません

他のドッグフードを検討することをおすすめします。

C&Rドッグフードの基本情報

C&Rドッグフード(出典:Amazon|シーアンドアール (C&R) )

総合評価 ★★☆☆☆
評価項目 栄養素:★★☆☆☆
安全性:★★☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆
口コミ:★★★☆☆(仮)
主原料 牛肉、ひきわりミレット、ひきわり玄米
人工添加物 不使用
穀物 ミレット、玄米
肉副産物 不使用
対応年齢 成犬
価格/容量 【1,710円/900g】【3,500円/2.27kg】【5,910円/4.54kg】
キロ単価 それぞれ【1,900円】【1,541円】【1,301円】
原産国 オーストラリア
販売元 株式会社LINNA商会
賞味期限 開封後:1か月

C&Rドッグフードの成分

C&Rドッグフード成分円グラフカッコ内の%は米国学術研究会議(NRC)、およびAAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準ならびに「小動物臨床栄養学」のガイドラインとカロリーにより計算した理想的な数値です。

タンパク質 20%(29~39%)
脂質 8%(12~17%)
繊維 5%(~4%)
灰分 9%(5~10%)
水分 10%
炭水化物* 53%
オメガ6/オメガ3 記載なし
エネルギー 381kcal/100g

*炭水化物は100%-(タンパク質+脂質+水分+灰分**)により計算。 **灰分の記載のないドッグフードは灰分を平均的な数値である8%と仮定して計算。

C&Rドッグフードの原材料

原材料イメージ
牛肉、ひきわりミレット(黍キビ)、ひきわり玄米、魚類(ギンヒラス、 シロギス、豪州真ダイ)、ひきわりフラックスシード、サーモンオイル、米ぬか油、モンモリロナイト、パセリ、タイム、乾燥海藻類(昆布、ワカメ)、乾燥サツマイモ、乾燥リンゴ、乾燥ニンジン、ネトル、ブルーベリー、スリッペリーエルム、西洋タンポポ、チコリ、ビタミン&キレートミネラル(カロチン、塩化コリン、炭酸カルシウム、ビタミンE、鉄、ビタミンA、亜鉛、ナイアシン、葉酸、チアミン、ビタミンB6、マンガン、ビタミンK群、ヨウ素)

オレンジ=良い原材料/紫=悪い原材料

C&Rドッグフードの主な原材料の解説

1)牛肉
良質なタンパク質、脂肪酸のバランスが良い脂質、ビタミン(E,B2,B6,B12,ナイアシン)、ミネラルが豊富です。しかし、アレルギーの原因になりやすい食材なので気をつけてください。また、水分を50%程度含んでおり、調理後のドッグフードに占める割合は少なくなります。

2)ひきわりミレット(黍キビ)
アレルギーの原因になるグルテンの入っていない炭水化物源で、ビタミン(B1,B6,パントテン酸)、ミネラル(マグネシウム,リン,亜鉛,鉄,銅)が豊富です。しかし、体内に入ってから糖に変わるスピードが比較的早い中GI食品なので肥満に注意してください。

3)ひきわり玄米
アレルギーの原因になるグルテンの入っていない炭水化物源で、ビタミン(B1,B6,E,ナイアシン,パントテン酸,葉酸)、各種ミネラルが豊富です。

4)魚類(ギンヒラス、 シロギス、豪州真ダイ)
どれも良質なタンパク質、脂肪酸のバランスが良い脂質、各種ビタミン・ミネラルが豊富です。しかし、水分を70%程度含んでいるので、調理後のドッグフードに占める割合は少なくなります。

5)ひきわりフラックスシード
免疫改善、それによるアレルギーの緩和、抗炎症、コレステロールの正常維持に役立つと言われているオメガ3系脂肪酸のαリノレン酸とリグナンが豊富です。

6)サーモンオイル
脂肪酸のバランスが非常に良い良質な脂質源です。

7)米ぬか油
脂質の中では酸化しにくいという良い点もありますが、オメガ3脂肪酸に対してオメガ6脂肪酸が圧倒的に多い悪い脂質源です。

8)モンモリロナイト
毒素や老廃物を吸着し、便として排出されることによるデトックス作用、腸内の悪玉菌が増えるのを抑制する作用を持ちます。

9)パセリ
血中のコレステロールを下げる効果、抗ガン作用を持つクロロフィル、食欲増進、消化促進作用を持つアピオールを含みます。

10)タイム
抗菌・防腐作用を持つチモール、抗酸化・抗炎症・抗アレルギー作用を持つロスマリン酸が豊富です。

11)乾燥海藻類
ビタミン(B1,B2,葉酸)、各種ミネラル、整腸・コレステロールの正常維持作用を持つアルギン酸、肝機能補助・抗菌・抗アレルギー・コレステロールの正常維持作用を持つフコダイン、抗酸化・抗ガン・脂肪分解作用を持つフコキサンチンを含みます。

12)乾燥サツマイモ
アレルギーの原因になるグルテンが入っていない炭水化物源です。食物繊維と抗酸化作用を持つβカロテン(ビタミンAの前駆体)が豊富という特徴があります。

13)乾燥リンゴ
抗アレルギー・整腸・血糖値の上昇緩和・コレステロールの正常維持作用を持つペクチン、抗酸化・肝臓保護・糖代謝促進・脂質代謝促進作用を持つプロシアニジン、は抗酸化作用・抗炎症作用を持つケルセチン含んでいます。

14)乾燥ニンジン
ビタミンAが豊富です。

15)ネトル
抗酸化作用・抗炎症作用を持つケルセチン、酸化・免疫力向上作用を持つルチン、コレステロール正常維持、抗ガン作用を持つフィトステロールが含まれています。

16)ブルーベリー
抗酸化・抗炎症・血行促進作用を持つアントシアニンが豊富です。

17)スリーッペリーエルム
整腸・アレルギー予防・抗酸化・抗菌作用を持つタンニンが豊富です。

18)西洋タンポポ
抗酸化・免疫力向上作用を持つルテイン、抗ガン・コレステロールの正常維持作用を持つフィトステロール、血中脂肪の低下・腸内の善玉菌の活性化作用を持つイヌリン、抗アレルギー・整腸・血糖値の上昇緩和・コレステロールの正常維持作用を持つペクチン、整腸・アレルギー緩和・抗酸化・抗菌作用を持つタンニンを含みます。

19)チコリ
整腸・アレルギー予防・抗酸化・抗菌作用を持つタンニンが豊富です。

20)ビタミン&キレートミネラル
キレートミネラルとは、そのままでは吸収率が良くないミネラルに他の吸収率が高い成分を結合させることで、吸収率を高くしたミネラルです。

C&Rドッグフードの給与量

ドッグフードの給与量商品のカロリーと米国学術研究会議(NRC)、およびAAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準ならびに「小動物臨床栄養学」のガイドラインの体重別の推奨摂取カロリーをもとに運営者が計算した給与量を紹介します。

体重(㎏) 給与量(g)
1~2 33~43
2~3 43~58
3~4 58~72
4~5 72~85
5~7 85~110
7~9 110~133
9~12 133~165
12~15 196~196

C&Rドッグフードの評価内容

このページを読み終わった時に「評価はわかったけど、どうしてその評価になったのかよくわからない」とならないように、C&Rドッグフードの栄養素・安全性・コスパの評価とその理由を解説していきます。

C&Rドッグフードの栄養素

C&Rドッグフードの栄養素は星2です。

C&Rドッグフードの栄養素には「抗酸化成分を持つ食材が豊富」という良い点もありますが、「タンパク質が少ない」「脂質が少ない」という悪い点もあるため、栄養素は平均を下回っていると判断しました。

また、公式サイトにある以下の記述も気になります。

製造時に加熱されておりますので、加熱により失われてしまう栄養分を補うために「シーオーガニック」又は「オーガニックプラス」や「フルーツザイム醗酵野菜」を併用されることをおすすめします。 

引用:A&ME|C&R ビーフ&ミレット

ドッグフードは総合栄養食として、そのフードを食べれば全ての栄養素が補えるべきであるにも関わらず、栄養補助食品をおすすめするのはそのドッグフードが栄養素が非常に悪いドッグフードだと言っているようなものです。

良い点と悪い点をそれぞれ解説していきます。

良い点:抗酸化成分を含む健康に良い食材が豊富

C&Rには脂肪燃焼コレステロールの低下抗酸化抗菌抗真菌抗炎症など様々な作用を持つ健康に良い食材が非常に豊富です。
しかし、中でも特徴的なのが抗酸化成分を含む食材が多いこと。
ウルフブラットに使われている食材の半数程度が抗酸化成分を含む食材になっています。

抗酸化成分とは?

抗酸化成分は体を酸化から守ってくれる成分です。

犬の体内に入った空気の2%ほどが活性酸素と呼ばれる、酸化(サビさせる)力の強い酸素になり、その活性酸素が増えすぎてしまうと体内の健康な細胞まで酸化させてしまうのです。
その結果、
ガン生活習慣病白内障関節炎認知症アレルギー涙やけの原因になります。

そこで健康に欠かせないのが抗酸化成分です。
抗酸化成分には活性酸素が健康な細胞を酸化させるのを防ぎ、ガンや生活習慣病、白内障、関節炎、認知症、アレルギー、涙やけから愛犬を守る働きがあります。

悪い点:タンパク質が少ない

ドッグフードに含まれるタンパク質の働きC&RドッグフードはAAFCO(米国飼料検査官協会)の定める成犬向け総合栄養食のタンパク質の最低基準は満たしているので健康を害することはありません。

しかし、タンパク質を理想量摂取した際に期待できる、以下のような効果は期待できません。

  1. 筋肉の成長・維持
  2. 成長促進
  3. 傷の修復
  4. 免疫力の向上
  5. 毛質の維持
  6. セロトニン*の生成

悪い点:脂質が少ない

ドッグフードに含まれる脂質の働きC&Rドッグフードの栄養素はAAFCO(米国飼料検査官協会の)の総合栄養食としての最低基準は満たしているので、健康を害することはありません。

しかし、良質な脂質を十分に摂らせてあげることで期待できる、脂質の働きは期待できません。

  1. 皮膚、被毛の健康維持
  2. 血管、血液の健康維持
  3. 目の健康維持
  4. 血中脂肪を減らす
  5. ガンの発生や増殖を抑制する
  6. アレルギーや炎症を抑える

C&Rドッグフードの安全性

C&Rドッグフードの安全性は星2です。

C&Rドッグフードの安全性には「人工添加物不使用」「肉副産物不使用」という良い点がありますが、「穀物の使用」「食物繊維が過剰気味」という悪い点があるので、安全性は平均を下回っていると判断しました。

良い点と悪い点についてそれぞれ解説していきます。

良い点:人工添加物不使用

FDA(アメリカ食品医薬品局)は人工添加物がアレルギー涙やけガンの原因の1つになるとして、その危険性を指摘しています。
また、人工添加物不使用のドッグフードに変えところアレルギーや涙やけが良くなったという話は珍しくありません。
そのため、C&Rドッグフードは人工添加物不使用というのは評価できます。

良い点:肉副産物不使用

全ての肉副産物が悪いというわけではありませんが、ドッグフードの中には肉副産物として4Dミート(死骸、病気、死にかけ、障害を持つ動物の肉)と呼ばれるような物が使われていることもあります。
アメリカでは肉副産物に安楽死薬が残留しており、死亡事故も起きました。
そのため、C&Rドッグフードは肉副産物不使用というのは評価できます。

悪い点:穀物の使用

人間とは違い、犬は穀物を消化するのに役立つアミラーゼという酵素が口内からほとんど分泌されていません。
そのため、穀物はほとんど消化されていない状態で胃腸にやってきます。

その結果、胃腸に負担をかけたり、消化不良になったり、消化不良で胃腸の状態が悪くなることで免疫が低下したり、免疫が低下したことが原因でアレルギーを発症・悪化する危険性もあるのです。

そのため、C&Rドッグフードを食べさせるときには注意してください。

悪い点:食物繊維が過剰気味

食物繊維を適量を摂らせてあげるのは愛犬の健康に良いです。
しかし、過剰摂取してしまうと腸内環境の悪化便秘栄養素の消化吸収率の低下の原因になります。

一般的に、食物繊維は4%までが良いと言われていますが、C&Rドッグフードの食物繊維は5%です。
C&Rドッグフードを食べさせるときは注意してください。

食物繊維が多いドッグフードは便が繊維で固められたり、消化が上手くできておらず便の量が増えることも多いです。
それを見て「便の状態が良くなった」「便がいっぱい出て快便です」という口コミが付くこともあります。

良い口コミが必ずしもそのドッグフードの品質が良いということを意味するものではないことを忘れないでください。

C&Rドッグフードのコスパ

C&Rドッグフードのコスパは星2です。

C&Rドッグフードの栄養素・安全性・口コミにもづくパフォーマンス(品質)は平均を下回っていますが、コストは他のプレミアムドッグフードを同程度であるため、コスパは悪いと判断しました。

C&Rドッグフードの口コミ

C&Rドッグフードの口コミ数が少なく評価が難しいため、仮の評価として星3になっています。

ただし、参考になりそうな口コミがいくつかあったので、紹介します。
(C&R ビーフ・ミレット以外の口コミも含みます)

マラセチア*が治った
マラセチアを繰り返していた我が家の愛犬、このフードでぴったり治まりました。他社のフードと違い、酸化した匂いもなく安全に思います。お勧めです。

*耳などにカビが増殖して炎症や痒みなどを引き起こします。

喜んで食べている
前は同じメーカーのオーガニックでないものをあげていましたが、年齢もそこそこなので、さらに安心できるようこちらをあげています。家の犬はいつも喜んで食べています!
涙やけが良くなった
このドッグフードはいろいろ調べて購入したもので、食いつき抜群、涙やけに悩んでましたが、これを食べてからはなくなってきたようなきがします。
健康を支えてくれた
チワワ多頭飼いをしていました。食欲のなさそうな時に、他のフードを買ってみたこともありましたが、やはり犬の身体を思うとこちらのドッグフードがベストでした。最近、13歳でほとんど寿命に近いかたちで、1頭を亡くしましたが、本当に最後まで健康で綺麗な身体でした。このドッグフードがあった事に感謝し、これからも購入していこうと思います!
お腹を壊さず食べられている
リピーターです。もう何年もこちらのフードを与えています。他のフードを与えるとお腹を壊すのですが、これは大丈夫。これからもずーっとこちらを選ぼうと思っています。

C&Rドッグフードに関するQ&A

C&Rに関して、考えられる疑問点とその答えを紹介します。

C&Rはアレルギーに良い?

アレルギーに良いドッグフードの基本的な条件は以下の通りです。

  1. 肉原料が1~2種類で肉原料の割合が多いこと
  2. 人工添加物不使用なこと
  3. 穀物が入っていないこと
  4. 抗酸化成分や抗炎症成分を含む原材料が多いこと

これらの条件のうち、C&Rは②しか満たしていないのでアレルギーに良いとは言えません。

C&Rは涙やけに良い?

涙やけに良いドッグフードの基本的な条件は以下の通りです。

  1. 肉原料が1~2種類で肉原料の割合が多いこと
  2. 人工添加物不使用なこと
  3. 穀物が入っていないこと
  4. キナ酸を含むクランベリーなどが入っていること
  5. 抗酸化成分を含む原材料が多いこと

これらの条件を②と⑤しか満たしていないのでC&Rは涙やけに良いとは言えません。

C&Rは被毛(毛艶)に良い?

被毛(毛艶)に良いドッグフードの基本的な条件は以下の通りです。

  1. タンパク質が豊富であること
  2. 脂質が豊富であること

C&Rはこの2つの条件を満たしておらず、C&Rは被毛(毛艶)に良いとは言えません。

C&Rは皮膚に良い?

皮膚に良いドッグフードの基本的な条件は以下の通りです。

  1. タンパク質が豊富であること
  2. 脂質が豊富で脂質の脂肪酸のバランスが良いこと

C&Rはこの2つの条件を満たしておらず、C&Rは皮膚に良いとは言えません。

「脂質が多いから肌が脂っぽくなった」「脂質が多いと炎症を起こすけど、○○は低脂質だから安心」というようなことを言う方もいます。

しかし、そういう方は大抵の場合、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランスが悪い脂質を多く含むドッグフードをあげていた方です。

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランスが良い良質な脂質が豊富なドッグフードは愛犬の皮膚にとって非常に良いので頭の片隅に入れておいてください。

C&Rは胃腸に良い?

胃腸に良いドッグフードの基本的な条件は以下の通りです。

  1. 肉原料が多いこと
  2. アレルギーになりやすい食材が少ないこと
  3. 穀物が入ってないこと
  4. 乳酸菌やオリゴ糖が入っていること
  5. 食物繊維が適量入っていること

これらの条件をC&Rは②しか満たしていないため、胃腸に良いとは言えません。

C&Rはダイエットに良い?

C&Rは高タンパク質で太りやすい栄養素である炭水化物が平均的なドッグフードよりも10%程度多いのでC&Rはダイエットに良いとは言えず、カロリーが高いことも相まってむしろ太りやすいです。

C&Rドッグフードの評価まとめ

C&Rドッグフードはタンパク質や脂質が少なく栄養素には不安があり、また、穀物を使用している点や食物繊維の過剰気味な点など安全性に関しても疑問が残ります。
そして、品質は低いわりに値段は高めです。

そのため、C&Rドッグフードはおすすめできません。

同価格帯でより高品質なドッグフードがいくらでもあるので、当サイトのドッグフードランキングを参考に、より高品質で愛犬のためになるドッグフードを選んでください。