ドッグフードランキング

クプレラドッグフードを評価【星2】

クプレラドッグフード

このページではクプレラドッグフードの①基本情報の紹介、②栄養素・安全性・コスパの3つを軸とした評価、③口コミの紹介と分析をしたうえでクプレラドッグフードはおすすめしないと結論つけています。

「クプレラドッグフードは鹿肉フードもあるし、アレルギーに良いって聞くけど本当に良いドッグフードなの?」

そう疑問に思っている方はこのページを読み進めてください。このページを読み終わった後にはその疑問は消えています。

クプレラドッグフードのラインナップ

クプレラドッグフードはニュージーランド産のドッグフードです。主原料や粒の大きさ別に8種類のラインナップが用意されています。どれも人工添加物不使用、ヒューマングレード(人間でも食べられる品質)です。それぞれ簡単に紹介します。

(特に記載のないものは粒は約10㎜のフレーク状です)

クプレラプレミアムベニソン 名前:「クプレラプレミアムベニソン」/対応年齢:全年齢/鹿肉が主原料のグレインフリーフード。
クプレラプレミアムチキン 名前:「クプレラプレミアムチキン」/対応年齢:全年齢/鶏肉が主原料のグレインフリーフード。
クプレラベニソン&スイートポテトパピーフード 名前:「クプレラベニソン&スイートポテトパピーフード」/対応年齢:幼犬妊婦犬授乳犬活動犬/鹿肉が主原料の高カロリーフード。トランス脂肪酸を含む。
クプレラベニソン&スイートポテトドッグフード 名前:「クプレラベニソン&スイートポテトドッグフード」/この後詳しく解説します。
クプレラセミベジタリアンドッグ 名前:「クプレラセミベジタリアン」/対応年齢:健康な成犬からダイエットを目指す犬や、高齢犬/穀物、魚が主原料のフード。トランス脂肪酸を含む。
クプレラホリスティックグレインフリー 名前:「クプレラホリスティックグレインフリー」/対応年齢:健康な成犬からダイエットを目指す犬や、高齢犬/魚が主原料のグレインフリーフード。 栄養素・安全性の観点で1番おすすめ。
クプレララム&ミレットスモール 名前:「クプレララム&ミレットスモール」/対応年齢:成犬~/ラムとキビが主原料の小粒(直径8~9㎜、厚さ4~5㎜)フード。トランス脂肪酸を含む。
クプレララムミレットレギュラー 名前:「クプレララム&ミレットレギュラー」/対応年齢:成犬~/ラムとキビが主原料の平粒(直径15㎜、厚さ3㎜)フード。トランス脂肪酸を含む。

この中だと1番おすすめなのは「ホリスティッグレインフリー」ですが、このページでは 1番人気の「クプレラベニソン&スイートポテトドッグフード」の成分や原材料に基づいて評価していきます。

クプレラドッグフード

クプレラドッグフードの基本情報は以下の通りです。

クプレラドッグフード
総合評価 ★★☆☆☆
評価項目 栄養素:★★☆☆☆
安全性:★★★☆☆
コスパ:★★☆☆☆
主原料 鹿肉、サツマイモ、燕麦
人工添加物 不使用(無添加)
穀物 燕麦アマランサス
肉副産物 不使用(ヒューマングレード)
対応年齢 全年齢
粒の大きさ 10㎜
価格/容量 【4,130円/2.27kg】【7,190円/4.54kg】【12,510円/9.08kg
キロ単価 それぞれ【1,819円】【1,583円】【1,377円】
原産国 ニュージーランド
販売元 株式会社LINNA商会
賞味期限 開封前:1年間、開封後:1か月

クプレラドッグフードの成分

クプレラドッグフードの成分は以下の通りです。

タンパク質 20%
脂質 6%
繊維 5%
灰分 9%
水分 10%
炭水化物* 55%
オメガ6/オメガ3 記載なし
エネルギー 370kcal/100g

*炭水化物は100%-(タンパク質+脂質+水分+灰分**)により計算。 **灰分の記載のないドッグフードは灰分を平均的な数値である8%と仮定して計算。

 

オオカミ君
オオカミ君
クプレラドッグフードは栄養素良くないなぁ。
リョウ
リョウ
ですね。タンパク質と脂質が少なくて、炭水化物が多いですもん。
オオカミ君
オオカミ君
タンパク質は筋肉の成長と維持に、脂質は皮膚の健康と被毛の艶にかかせいのにな。

クプレラドッグフードの原材料

クプレラドッグフードの原材料は以下の通りです。

鹿肉サツマイモ、燕麦、魚類(ギンヒラス、シロギス、豪州真ダイ)、カノラオイル、フラックスシード、藻類(昆布)、アマランサス、 モンモリロナイト、ユッカリンゴブルーベリー、白菜、アルファルファ、タウリン、珊瑚ミネラル、チコリ、 ※活性酵素、※プロバイオティクス(好酸性乳酸桿菌、機能性酵母、陽性桿菌)、 ※多糖類、必須アミノ酸( アルギニン、ヒスチジン、ロイシン、イソロイシン、バリン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン)、ビタミン&キレートミネラル(カロチン、塩化コリン、 炭酸カルシウム、 ビタミンE、鉄、ビタミンA、亜鉛、ナイアシン、葉酸、チアミン、ビタミンB6、マンガン、 ビタミンK群、ヨウ素)

オレンジ=良い原材料、=悪い原材料

オオカミ君
オオカミ君
お!悪い原材料は1つだけか。やるじゃん、クプレラ。
リョウ
リョウ
ですね~。悪い原材料については後で解説しますね。
オオカミ君
オオカミ君
良い原材料は、抗酸化成分を含んでるのが多いな。サツマイモに、ユッカに、リンゴに~。あれプロバイオティクスってお腹に良い奴だよな?
リョウ
リョウ
ですね。ビフィズス菌とか乳酸菌とかのことです。クプレラに入ってる食材だと海藻もお腹に良いですよ。

クプレラドッグフードの評価内容

クプレラドッグフードの栄養素・安全性・コスパについて解説していきます。

クプレラドッグフードの栄養素

クプレラドッグフードの栄養素には良い点は1つもありません。

クプレラドッグフード栄養素悪い点

①タンパク質が少ない

クプレラドッグフードはタンパク質が20%しか入っていません。AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めている最適基準の18%と2%しか変わりません。370kcal/100gのドッグフードなら28.5%程度のタンパク質が入っていないと理想的とは言えません。理想的なタンパク質量を含まないクプレラドッグフードでは愛犬が筋肉質で活発になる効果は期待できません

②脂質が少ない

クプレラドッグフードは脂質が6%しか入っていません。一般的にドッグフードの理想的な脂質量は12%~17%と言われているので、理想量のたった半分程度です。ダイエット目的で低脂肪フードを選ぶ方もいますが、タンパク質と脂質は豊富で炭水化物が少ないドッグフードを選んだ方が健康には良いです。脂質には皮膚や被毛の健康を維持するという非常に重要な役割がある一方、炭水化物はエネルギー源にしかならず、タンパク質や脂質で代替できるからです。

③炭水化物が多い

クプレラドッグフードは炭水化物が55%も含まれており、そのうえカロリーも決して低い方ではありません。せっかくヘルシーなベニソン(鹿肉)を使っていてもこれだけ炭水化物が多ければ太りやすくなってしまいます。愛犬の膵臓や胆嚢が悪く、脂質そのものを減らさないといけない場合を除いて、クプレラドッグフードよりもっと脂質が入っていても問題ないので、タンパク質と脂質が豊富で炭水化物が少ないドッグフードの方が遥かにダイエット効果も期待でき、愛犬の健康に良いです。

オオカミ君
オオカミ君
実際、脂質が少ないせいかはわからないけど、クプレラドッグフードに切り替えたら毛並みが悪くなったって口コミもあるもんな~。
リョウ
リョウ
ですね。日本の犬は運動不足だから低脂肪フードが良いみたいなことを言う人もいますけど、まずは被毛や皮膚の健康維持に大切な脂質削るより炭水化物が削るべきですよ。

クプレラドッグフードの安全性

クプレラドッグフードの安全性には良い点も悪い点もあります。

クプレラドッグフードの安全性:良い点

クプレラドッグフード安全性良い点

①人工添加物不使用

クプレラドッグフードには涙やけやアレルギー、皮膚病の原因になる人工添加物が使われていません。また、主原料が肉類の中でも アレルギーを起こしにくい鹿肉なので、アレルギーが心配でクプレラドッグフードを選んだと言う方は多いようです。実際、クプレラドッグフードには数件ではありますが、 アレルギー(皮膚の状態)が良くなったという口コミが付いていました。

②ヒューマングレード

クプレラドッグフードの原材料はヒューマングレードです。ヒューマングレードとは 人間でも食べられるほど高品質だということを意味します。品質の悪い原材料を使っていないので非常に安全です。また、高品質なため、 食いつきも期待できます。実際、クプレラドッグフードの口コミを40件以上確認しましたが、クプレラドッグフードを食べなかったという口コミは1件だけした。

③遺伝子組み換え食品不使用

クプレラドッグフードは遺伝子組み換え食品不使用です。ドッグフードに入っているトウモロコシや大豆、ジャガイモ、キャノーラ油の原料である菜種は遺伝子組み換え食品の割合が非常に高いです。しかし、遺伝子組み換え食品はアレルギー皮膚病ガン、その他の病気との関係が指摘されています。もし、愛犬がアレルギーや皮膚病に悩んでいるのであれば遺伝子組み換え食品不使用のドッグフードに変えてみると良いでしょう。上でクプレラドッグフードには「 アレルギーが良くなった」という口コミが付いていたと説明しましたが、クプレラが遺伝子組み換え食品不使用であることとも理由の1つかもしれません。

クプレラドッグフードの安全性:悪い点

クプレラドッグフード安全性悪い点

①穀物使用

クプレラドッグフードには穀物が使われています。クプレラドッグフードにはアレルギーの原因になりやすいグルテンを含む穀物は使われていないのでアレルギーの心配はそれほどありませんが、穀物は消化に悪いので注意が必要です。実際、確認できた40件の口コミのうちの7件便の状態の悪化を訴えるものでした。

②トランス脂肪酸の危険性

クプレラドッグフードにはカノラオイル(キャノーラオイル)が使われていますが、カノラオイルは有害なトランス脂肪酸を含みます。トランス脂肪酸はアレルギー生活習慣病の原因になるとされており、WHO(世界保健機関)はトランス脂肪酸を2023年までに根絶するとしてます。トランス脂肪酸がすぐに愛犬の健康を害するとは思いませんが、長期的に摂取することで将来的に何かしらの悪影響を及ぼす可能性があります。

オオカミ君
オオカミ君
クプレラドッグフードは人工添加物も遺伝子組み換え食品も使ってないのはアレルギーや皮膚病に良いけど、トランス脂肪酸を使ってるのはアレルギーや皮膚病に悪いのか、、なんかもったいないな。
リョウ
リョウ
ですね~。だから人工添加物、遺伝子組み換え食品不使用で主原料はアレルギーになりにくい鹿肉なのにアレルギー(皮膚の状態)が良くなったって口コミが3しかなかったのかもしれません。

クプレラドッグフードのコスパ

クプレラドッグフードのキロ単価は2.27kg購入時で1,819円です。

次のドッグフード評価サイトで上位ランクインすることの多いドッグフードを5つまとめた表を見てください。

モグワンドッグフード ファインペッツドッグフード ネルソンズドッグフード アカナドッグフード カナガンドッグフード
モグワン ファインペッツ ネルソンズ アカナ カナガン
当サイトでの総合評価(星1~5)
★5 ★4 ★5 ★4 ★5
他のサイト(「ドッグフード博士」での評価)(S~E)
S   S S S
他サイト(「ドッグフードの達人」での評価)(S~E)
S S A A S
キロ単価(円)
1,870 2,262 1,683 2,025 1,683

これらのドッグフードとクプレラドッグフードのキロ単価は200~300円の違いですが、品質は圧倒的に表の中のドッグフードの方が高いです。キロ単価1,819円出せるのであれば、高品質で健康に良い表の中のドッグフードを購入した方がコスパは良いです。

 

クプレラドッグフードの口コミ

クプレラドッグフードの口コミ70件近くに目を通し、お店への評価や、ただ一言、「お気に入りです。また買います」というような参考にならない口コミを除いて、40件の口コミを集めて分析しました。口コミ40件のうち、良い口コミは32件、悪い口コミは8件でした。

クプレラドッグフードの良い口コミ

クプレラドッグフードの32の良い口コミの中で指摘されている内容とその回数を確認すると① 食いつきが良い(29件)、② 便の状態が良くなった(3件)、③ アレルギー(皮膚の状態)が良くなった(3件)でした。

口コミ
口コミ
美味しそうに食べてます。皮膚が弱いので、ドッグフードにも気をつけてますが、クプレラドッグフードは今のところいいみたいです。
口コミ
口コミ
アレルギー持ちで食の細い愛犬です。食べられる食材だけのフードが少ない中、クプレラドッグフードはとても貴重なフードです!いつもなかなか食べてくれなかったり、残してしまったりしていたのですが、クプレラドッグフードに切り替えたとたん、本当によく食べてくれるようになりました。ゴハンの用意をしていると、お目々をキラキラ輝かせて足元で待っています。美味しそうにぺろりと平らげてくれるので助かります。お腹の調子もすこぶる良いです。

クプレラドッグフードの悪い口コミ

クプレラドッグフードの8件の悪い口コミの中で指摘されている内容とその回数を確認すると①便の状態が悪くなった(7件)、②毛並みが悪くなった(1件)、③食いつきが悪い(1件)でした。

口コミ
口コミ
食べさせましたがウンチが砂の様にパサパサになり驚きました。即やめました。
口コミ
口コミ
良さそうだったので試してみました。胃腸が弱く合わない餌などは下痢になるので、いつも少しずつ混ぜて様子を見ています。80gのうちのたった10g混ぜただけなのに、翌日に下痢になり、二日後にはひどい水下痢になってしまいました。

オオカミ君
オオカミ君
クプレラドッグフード食べて便の状態が悪くなったって子が多いみたいだけど、なんでなんだろうな。
リョウ
リョウ
消化に悪い穀物が大量に使ってあるのと関係あるかもしれませんね。穀物が多いせいで食物繊維も少し多すぎな気もしますし。実は他にも 高栄養価のドッグフードに変えたときとかには一時的に便の状態が乱れたりするのは珍しくないんですけど、クプレラドッグフードは高栄養価でもないですから。

(実際にクプレラドッグフードを使っている人のSNS投稿)

クプレラドッグフードの評価まとめ

クプレラドッグフードのメリットとデメリットをまとめると次の通りです。

・人工添加物、遺伝子組み換え食品不使用でアレルギー、皮膚病に良い。

・ヒューマングレードで食いつきが良い

・タンパク質と脂質が少ないので筋肉質になったり、毛艶や皮膚の状態が良くなったという効果が期待できない

・炭水化物の割合とカロリーが高いのでダイエット効果は期待できない

・トランス脂肪酸を含んでおり、アレルギーや皮膚病に良くない。

・値段はより高品質なプレミアムドッグフードと同程度に高い

これらのメリットとデメリットを考慮すると、クプレラドッグフードはおすすめしません。クプレラドッグフードより安くて高品質なドッグフードがたくさんあります。他のドッグフードを検討してみてください。アレルギーや胃腸の状態、肥満など特定の悩みがあるのであれば次の記事を読んでみてください。日本ではそれほど有名ではありませんし、穀物が入っていますが、ドッグフードの中でも1、2を争くほど口コミが良いです。

あわせて読みたい
ハッピードッグドッグフード
ハッピードッグドッグフードの評価【星4】アレルギーの子におすすめこのページではハッピードッグドッグフードの①基本情報の紹介、②栄養素・安全性・コスパの3つを軸とした評価、③口コミの紹介と分析をしたうえ...