ドッグフードランキング

ドッグフード工房のフードを評価【星2】危険な原材料がたくさん!

ドッグフード工房

ドッグフード選びに失敗してしまうと、金銭的な負担があるだけでなく、愛犬の体調を崩す原因にもなります。それに、次のドッグフードをまた探すのも大変です。

そのため、良いドッグフードを選ぶのが大切になりますが、なかなか成分表や原材料を見ただけではそのドッグフードが良いのか悪いのかわからないという方も多いでしょう。

そこでこのページではドッグフード工房に関して、以下の内容を詳しく解説しています。

  1. 簡単な紹介と総評
  2. 成分や原材料の紹介、原材料の解説
  3. 栄養素・安全性・コスパ・口コミの評価
  4. 獣医の推薦は信頼できるか
  5. 想定される質問とその答えの紹介(アレルギー・涙やけ・被毛・皮膚・ダイエット・シニアに良いかなど)

このページを読めば、間違いなくドッグフード工房は買わない方が良いということがわかります。購入前に参考にしてください。

ドッグフード工房とは?

ドッグフード工房は「ペットフード工房 株式会社」が販売している国産無添加ドッグフードで、「自然食」を徹底的に追求したワンちゃんのためのこだわりごはんだといいます。

2018年現在、存在するラインナップは3つです。

成犬用
ドッグフード工房-馬肉 主原料:馬肉,小麦,うるち米/危険な原材料:小麦(アレルギー),食塩(ナトリウムの過剰摂取)/タンパク質:20%,脂質:8%,カロリー:375kcal/100g
ドッグフード工房-野菜畑 主原料:鶏肉,小麦,うるち米/危険な原材料:小麦(アレルギー),食塩(ナトリウムの過剰摂取)/タンパク質:19%,脂質:6%,カロリー:360kcal/100g
全年齢
ドッグフード工房-鶏肉 主原料:鶏肉,小麦,うるち米/危険な原材料:小麦(アレルギー),食塩(ナトリウムの過剰摂取)/タンパク質:22%,脂質:6%,カロリー:360kcal/100g

公式サイトでは全種類パピーにも食べさせてよいとの記載がありますが、日本よりもペットフード先進国であるAAFCO(米国飼料検査官協会)が定める成長期の子犬向けの総合栄養食のタンパク質含有量の最低基準が22%です。

しかし、「ドッグフード工房-馬肉」「ドッグフード工房-野菜畑」はタンパク質が22%未満なので子犬には食べさせるのは絶対におすすめしません。

また、「ドッグフード工房-鶏肉」はタンパク質含有量が22%で最低基準を満たしているものの、あくまで最低基準をギリギリ満たしているに過ぎないので基本的には避けた方が良いです。

このページでは比較的ましな「ドッグフード工房-鶏肉」(以降:ドッグフード工房)の情報に基づいて評価していきます。

ドッグフード工房の総評

ドッグフード工房はこれと言って良いところはない一方、小麦を使っていたり、AAFCOの栄養素に関する最低基準を下回ったり、ナトリウムの過剰摂取の心配のある食塩を使ったりと悪いところをあげればキリがありません。

ドッグフード工房は全くおすすめできないドッグフードです。

ドッグフード工房の基本情報

ドッグフード工房(引用:ドッグフード工房)

総合評価 ★★☆☆☆
評価項目 栄養素:★☆☆☆☆
安全性:★☆☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆
口コミ:★★★☆☆*
主原料 鶏肉、小麦、うるち米
人工添加物 不使用
穀物 小麦うるち米
肉副産物 不使用
対応年齢 全年齢
粒の大きさ 【小粒7㎜】【通常粒10㎜】
価格/容量 【1,700円/800g】【4,180円/2.4kg】【9,480円/5.8㎏】
キロ単価 それぞれ【2,125円】【1,741円】【1,634円】
原産国 日本
販売元 ペットフード工房 株式会社
賞味期限 開封後:1か月目安

*評価できるほど参考になる口コミがなかったため、仮の評価として星3となっています。

ドッグフード工房の成分

ドッグフード工房の成分円グラフカッコ内の%は米国学術研究会議(NRC)、およびAAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準ならびに「小動物臨床栄養学」のガイドラインとカロリーにより計算した理想的な数値です。

タンパク質 22%(27.7~36.9%)
脂質 6%(12~17%)
繊維 1%(~4%)
灰分 3%(5~10%)
水分 6%
炭水化物* 63%
オメガ6/オメガ3 記載なし
エネルギー 360kcal/100g

*炭水化物は100%-(タンパク質+脂質+水分+灰分**)により計算。 **灰分の記載のないドッグフードは灰分を平均的な数値である8%と仮定して計算。

ドッグフード工房の原材料

原材料イメージ
鶏肉小麦うるち米生おからさつまいも本鰹節・にんじん・カボチャすり胡麻・食用卵殻粉・すなぎも・鰯粉・菜種油・米油・食塩ビール酵母

オレンジ=良い原材料/紫=悪い原材料

ドッグフード工房の原材料の解説

1)鶏肉
アミノ酸スコアが100の良質なタンパク、脂質、ビタミン(B6,ナイアシン,パントテン酸)が豊富で高品質な原材料です。しかし、脂質のオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランスが悪いので脂質源としては良くありません。また、水分を69%含んでおり、調理後の原材料に占める割合はごく一部になります。

2)小麦
ビタミン(E,B1,B6,ナイアシン,葉酸,パントテン酸)が豊富ですが、犬のアレルギーの原因になりやすいグルテンを含み、小麦は愛犬家の間で最も嫌われている原材料の1つです。

3)うるち米
アレルギーの原因になるグルテンの入っていない炭水化物源です。体内に入ってから糖に変わるのが非常に早い高GI食品なので、血糖値を急上昇させ肥満の原因になります。

4)おから
乾物のおからはタンパク質が26%含まれているうえ、アミノ酸スコアは100のため、貴重なタンパク質源です。しかし、繊維も15%近く含んでおり繊維の過剰摂取の原因になるほか、おからの原料である大豆には後述するようなドッグフードの原材料として心配な点があります。

5)さつまいも
アレルギーの原因になるグルテンが入っていない炭水化物源です。ビタミン(E,B1,B6,C,葉酸,パントテン酸)と抗酸化作用を持つβカロテン(ビタミンAの前駆体)、食物繊維が豊富という特徴があります。

6)本鰹節
アミノ酸スコアの高いタンパク質が非常に豊富な優秀なタンパク質源です。また、ビタミン(D,E,B1,B2,B6,B12,ナイアシン,パントテン酸,ビオチン)、各種ミネラルが豊富だという良い点もあります。

7)にんじん
被毛や粘膜の健康維持に欠かせないビタミンAが豊富です。しかし、ビタミンA以外の栄養はあまりありません。

8)カボチャ
体内に入ってから糖に変わるのが比較的はやい中GI食品なので、カボチャが多く含まれているドッグフードは肥満の原因になります。しかし、ビタミン(A,E,ナイアシン,B6,葉酸,パントテン酸)、ミネラル(カリウム,銅,モリブデン)、抗酸化・免疫力向上作用を持つルテインが豊富です。

9)すり胡麻
ビタミン(B1、ナイアシン、B6、葉酸)、ミネラル(カルシウム、マグネシウム、リン、鉄分、亜鉛、銅)、抗酸化、抗ガン、コレステロールの低下作用を持ち、健康食品としても有名なセサミンを含みます。

10)食用卵殻粉
ドッグフードにカルシウムをプラスするために使われる食材です。

11)すなぎも
非常に低カロリーで高タンパクなうえ、ビタミン(B1,B2,B12,ナイアシン,葉酸,パントテン酸)、各種ミネラルが豊富な非常に良質な原材料ですが、水分を80程度含んでおり、調理後のドッグフードに占める割合は少なくなります。

12)鰯粉
タンパク質やビタミン(D,B2,B6,B12,ナイアシン,パントテン酸,ビオチン)、各種ミネラルが豊富です。

13)菜種油
酸化しにくい脂質でドッグフードに使われることが多いですが、オメガ3脂肪酸/オメガ6脂肪酸が1/22程度で脂肪酸のバランスが悪いほか、WHO(世界保健機関)に「命を奪う」と言われているトランス脂肪酸が含まれるのでかなり注意が必要な食材です。

14)米油
脂質の中では酸化しにくいという良い点もありますが、オメガ3脂肪酸に対してオメガ6脂肪酸が圧倒的に多いので良質な脂質源とは言えません。

15)食塩
ドッグフードにはナトリウムが0.3%も含まれていれば十分なので、食材に含まれるナトリウム量で足りることがほとんどです。食いつきをあげるために使っている場合はナトリウム量が過剰になっている危険性があるので注意してください

16)ビール酵母
菌としては善玉菌を増やして腸内環境を整える効果を持ちます。また、ビタミン(B1,B2,ナイアシン,B6,葉酸,パントテン酸,ビオチン)、ミネラル(カルシウム,鉄,カリウム,マグネシウム,リン,銅,亜鉛,マンガン,セレン)、免疫細胞の活性化・コレステロールの正常維持・血糖値の上昇を緩やかにする作用を持つβグルカン、抗酸化作用を持つグルタチオンが豊富です。

ドッグフード工房の給与量

ドッグフードの給与量商品のカロリーと米国学術研究会議(NRC)、およびAAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準ならびに「小動物臨床栄養学」のガイドラインの体重別の推奨摂取カロリーをもとに運営者が計算した給与量を紹介します。

体重(㎏) 給与量(g)
1~2 35~45
2~3 45~61
3~4 61~76
4~5 76~90
5~7 90~116
7~9 116~141
9~12 141~175
12~15 175~207

ドッグフード工房の評価内容

このページを読み終わった時に「評価はわかったけど、どうしてその評価になったのかよくわからない」とならないように、ドッグフード工房の栄養素・安全性・コスパについて評価とその理由を解説していきます。

ドッグフード工房の栄養素

ドッグフード工房の栄養素は星1です。

ドッグフード工房の栄養素には良い点は1つもなく、「タンパク質が少ない」「脂質が少ない」「炭水化物が多い」という3つの悪い点があるので栄養素は最低レベルだと判断しました。

悪い点についてそれぞれ解説していきます。

公式サイトにはドッグフード工房のカルシウムは吸収率が高いとの記載がありますが、いくら吸収率が高くても含有量が少なければ意味がありません。

ドッグフード工房は灰分(ミネラル分)がたった3%です。カルシウムが豊富だとは到底考えられないので「カルシウム吸収率が高い」というのは良い点に含めませんでした。

悪い点:タンパク質が少ない

ドッグフードに含まれるタンパク質の働きAAFCO(米国飼料検査官協会)の定める全年齢向け総合栄養食のタンパク質の最低含有量は22%なので、ドッグフード工房は最低基準は満たしています。
そのため、ドッグフード工房を食べさせたからと言って不健康になるわけではありませんが、タンパク質を理想量摂取した際に期待できる以下のような効果は期待できません。

  1. 筋肉の成長・維持
  2. 成長促進
  3. 傷の修復
  4. 免疫力の向上
  5. 毛質の維持
  6. セロトニン*の生成

悪い点:脂質が少ない

ドッグフードに含まれる脂質の働き成分表に記載があった通り、ドッグフード工房の脂質は理想量を満たしません。

ドッグフード工房の栄養素はAAFCO(米国飼料検査官協会の)の総合栄養食としての最低基準は満たしているので、健康を害することはありませんが、良質な脂質を十分に摂らせてあげることで期待できる、脂質の働きは期待できません。

  1. 皮膚、被毛の健康維持
  2. 血管、血液の健康維持
  3. 目の健康維持
  4. 血中脂肪を減らす
  5. ガンの発生や増殖を抑制する
  6. アレルギーや炎症を抑える

悪い点:炭水化物が多い

炭水化物は基本的にエネルギーになる以外の働きはなく、食べ過ぎれば肥満生活習慣病の原因になります。

一般的なプレミアムドッグフードの炭水化物は45%程度ですが、ドッグフード工房の炭水化物量は63%で、平均よりも20%近く炭水化物が多いです。

さらに、炭水化物源のうち「うるち米」「カボチャ」は体内に入ってから糖に変わるのが早い高GI食品なので血糖値を急上昇させ、血中に余った糖は脂肪として蓄えられ、いっそう肥満の原因になります。

ドッグフード工房の安全性

ドッグフード工房の安全性は星1です。

ドッグフード工房の安全性には「人工添加物不使用」「ヒューマングレード」という良い点もありますが、「穀物の使用」「おからの使用」「食塩の使用」「灰分が少ない」「菜種油の使用」という5つの悪い点があるため、安全性は最低レベルだと判断しました。

良い点:人工添加物不使用

人工添加物はアレルギー涙やけガンの原因になる可能性が指摘されており、FDA(アメリカ食品医薬品局)もその危険性は指摘しています。

人工添加物不使用のドッグフードに切り替えたところアレルギーや涙やけが治ったという子もおり、このことは裏を返せば人工添加物がアレルギーや涙やけの原因になっていたということです。

良い点:ヒューマングレード

ヒューマングレードの人間でも食べられるほど高品質な食材を使っているので非常に安全なのはもちろん、食いつきも期待できます。

悪い点:穀物の使用

犬の口内からは穀物の消化に役立つアミラーゼという消化酵素が分泌されていません。
食べた穀物は胃腸に到達して初めて消化され始めます。そのため、胃腸には大きな負担がかかるのです。
胃腸に大きな負担がかかると消化不良だけでなく、免疫力の70%が集まっている腸の環境が悪くなることで免疫が下がりアレルギー涙やけ、その他の病気にかかりやすくなります。
特に、ドッグフード工房にはアレルギーに原因になりやすい小麦が入っているので注意してください。

悪い点:おからの使用

おからの原料は大豆ですが、大豆は次のような様々な危険性が指摘されています。

  1. 深刻な胃痛
  2. タンパク質の消化吸収の低下
  3. アミノ酸摂取の慢性的な欠乏
  4. 甲状腺機能低下症

日本ではドッグフードに大豆が入っていることは少なくありませんが、このような危険性があるのでペットフード先進国のアメリカやイギリス、ドイツなどのドッグフードで大豆が入っているものはほとんどありません。

悪い点:食塩の使用

ナトリウムの推奨含有量は0.13~0.27%程度とかなり少ないので、食材にもとから含まれているナトリウムで十分なケースがほとんどです。
そのため、ドッグフードに塩が使われることはそれほどありません。

しかし、ドッグフード工房の場合は食塩を使っています。

もちろん、ナトリウム量を調整をするために使うのであれば問題ありませんが、低品質なドッグフードの中には健康を犠牲にしても食いつきを良くするために食塩を使っているものも多いです。

ドッグフード工房は全体的に愛犬のことを考えたドッグフードではないので、食いつきのためだけに食塩を使っている可能性を否定できません。
もし、ナトリウムの多い食事を続けていると、ナトリウムを代謝する器官である腎臓に負担をかけ、腎不全などになる可能性があります。

悪い点:灰分が少ない

ドッグフード工房の灰分は3%ですが、一般的にドッグフードの理想的な灰分量は5~10%だと言われています。そのため理想量には届きません。
また、AAFCO(米国飼料検査官協会)の定める総合栄養食と呼べるドッグフードに含まれる灰分の最低含有量は成長期用のもので3.15%です。

「ドッグフード工房-馬肉」「ドッグフード工房-野菜畑」はタンパク質が少ないため、子犬に与えるのはおすすめしないのは冒頭で解説しましたが、灰分が最低基準を下回るため、このページで評価している「ドッグフード工房-鶏肉」も子犬に与えるのはおすすめできません。

また、成犬に関してもほとんどのドッグフードは灰分が少なくとも6%はあるので、ドッグフード工房に変えた場合は灰分の摂取量が約半分になり体調の変化の危険性があるので注意してください。

悪い点:菜種油の使用

菜種油は酸化しにくいので、ドッグフードに使われることも多いですが、菜種油の脂質はトランス脂肪酸という危険な脂肪酸を含みます。

トランス脂肪酸の危険性はアレルギー生活習慣病の原因になる危険性であり、WHO(世界保健機関)はトランス脂肪酸は不必要な有毒化学物質で、命を奪います世界中の人々がそのような物質にさらされ続ける理由はありません」としているので注意してください。

ドッグフード工房のコスパ

ドッグフード工房のコスパは星2です。

ドッグフード工房の栄養素・安全性・口コミに基づいた純粋な品質=パフォーマンスは平均を下回りますが、価格=コストは平均的なのでコスパは悪いと判断しました。

ドッグフード工房の口コミ

ドッグフード工房の口コミは楽天には100件以上あるのですが、以下の問題点があり参考にならないと判断しました。

  1. 同じ方がなんども口コミを書いている
  2. 大きいサイズの口コミがほとんど

①について、楽天は口コミでポイントが貰えたりというシステムがあるので、同じ購入者が何度も口コミを書くことが多いです。
その中でも、特にドッグフード工房の口コミは同じ方が書いているものがかなり多いと感じました。

極端な話ですが、1人の方が試してみて食いつきが良く、涙やけが治ったからと言って50回購入し、50回「食いつきも良いし、涙やけが治りました!」と書けば、口コミが最高のドッグフードの出来上がりです。

そのため、同じ人が何度も口コミを書いている場合は参考になりません。

また、②について、基本的には皆さん新しいドッグフードを買うときは小さいサイズで試してから購入します。
そのため、大きいサイズのドッグフードを買う方は小さいサイズを試して良いと思ったから買うので口コミが良くなるのは当然だからです。

ただし、いくつか参考になりそうな口コミがあったので紹介します。

食いつきが良い
お腹が弱いのかすぐに軟便気味になってしまうし、飼い主としてもドッグフード独特の臭いに疑問を感じていました。あるサイトでこちらのフードを知りサンプルを試したところ、香りの良さと愛犬の食い付きにビックリ!
まだ、切り替え中で体調などはわかりませんが、食い付きについては抜群です。暫く続けてみようと思います。
涙やけが良くなった
1歳になるヨーキーのためにといろんなフードを試してきましたが、高たんぱくだと高カロリーだったり便臭がきつくなったりとか涙やけにも困り、なかなか良いフードにめぐりあえませんでしたが、このフードに切り替えてから便臭はほぼなくなり涙やけにも効果がみえてきました。そして、なによりカリカリと美味しそうに食べてくれるのでこちらもうれしくなってきます。ドッグフードにはそのワンコに合う合わないがあるとききますが
家のワンコには今までで最高のドッグフードです!
便の状態が良くなった
うちの子は小さい頃から何かと体が弱く、毎月のように病院通いです゜゜(´O`)°゜そこで少しでも丈夫になってもらいたくて、フードを変えてみようと色々調べこちらにたどり着きました。購入する前はお店の方に相談に乗って頂き安心して購入する事ができました!
何より軟便で臭いが強かったのが、形も固さも良く臭いも減りました!フードによってこんなにも便が変わるのには驚きました。これからはこのフードを食べさせて強い身体になって欲しいです(^_^)v

獣医師の推薦を信じて良いの?

ここまでの評価でドッグフード工房は品質が低いことがわかりましたが、実はドッグフード工房の公式サイトには「岩井美知子」という獣医の方がなぜドッグフード工房のドッグフードをおすすめするのかを説明するページがあります。

しかし、僕は岩井美知子氏の話はそれほど信用できないと考えています。

理由はいくつもありますが、1番の理由は獣医の方であれば小麦が犬のアレルギーの原因になりやすいことを知っているはずなのに、アレルギーの危険性には触れず、ドッグフード工房に使用されている小麦については「国産だから消化に良い」という根拠のないことを記載しているからです。

そして、もう1つの大きな理由が、岩井美知子氏は

PRA装置という検査機器を活用し、FOODの安全性から、身体への影響までチェックして、そのFOODをみることができるようになりました。また個々の身体への適合性も分かります。

引用:ドッグフード工房|獣医が薦める5つの理由

と話していますが、PRA装置は生体エネルギーや波動を操作することで検査・治療する機器として代替医療で使われることもありますが、その生体エネルギーや波動の存在は証明されておらず、疑似科学です。

このように、獣医であるにも関わらず、小麦のアレルギーの危険性には触れず、また、PRA装置という根拠のないものを使っている以上は信じるべきではありません。

ドッグフード工房に関するQ&A

ドッグフード工房に関して、考えられる疑問点とその答えを紹介します。

ドッグフード工房はアレルギーに良い?

アレルギーに良いドッグフードの基本的な条件は①肉原料が1~2種類で肉原料の割合が多いこと、②人工添加物不使用なこと、③穀物が入っていないこと、④抗酸化成分や抗炎症成分を含む原材料が多いことです。
これらの条件をドッグフード工房は②しか満たさず、アレルギーの原因になる小麦が入っているので、ドッグフード工房はアレルギーに良くありません。

ドッグフード工房は涙やけに良い?

涙やけに良いドッグフードの基本的な条件は①肉原料が1~2種類で肉原料の割合が多いこと、②人工添加物不使用なこと、③穀物が入っていないこと、④キナ酸を含むクランベリーなどが入っていること、⑤抗酸化成分を含む原材料が多いことです。
これらの条件をドッグフード工房は②しか満たさないので、ドッグフード工房は涙やけに良くありません。

ドッグフード工房は被毛(毛艶)に良い?

毛艶に良いドッグフードの基本的な条件は①タンパク質が豊富であること、特に②脂質が豊富であることです。
この2つの条件を1つもドッグフード工房は満たさないので、ドッグフード工房は被毛(毛艶)に良くありません。

ドッグフード工房は皮膚に良い?

皮膚に良いドッグフードの基本的な条件は①タンパク質が豊富であること、特に②脂質が豊富で脂質の脂肪酸のバランスが良いことです。
この2つの条件を1つもドッグフード工房は満たさないので、ドッグフード工房は被毛(毛艶)に良くありません。

「脂質が多いから肌が脂っぽくなった」「脂質が多いと炎症を起こすけど、○○は低脂質だから安心」というようなことを言う方もいます。
しかし、そういう方は大抵の場合、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランスが悪い脂質を多く含むドッグフードをあげていた方です。
オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランスが良い良質な脂質が豊富なドッグフードは愛犬の皮膚にとって非常に良いので頭の片隅に入れておいてください。

ドッグフード工房は胃腸に良い?

胃腸に良いドッグフードの基本的な条件は①肉原料が多いこと、②アレルギーになりやすい食材が少ないこと、③穀物が入ってないこと、④乳酸菌やオリゴ糖が入っていること、⑤食物繊維が適量入っていることです。
これらの条件をドッグフード工房は1つも満たしておらず、消化に悪い穀物が入っているので胃腸に良くありません。

ドッグフード工房はダイエットに良い?

ドッグフード工房は炭水化物が多く、さらに炭水化物源のうち「うるち米」は太りやすい高GI食品で、カロリーが低いわけでもないので、ダイエットに良くありません。

ドッグフード工房はシニア犬に良い?

ドッグフード工房には穀物がたくさん入っており、消化に悪いので、成犬より少し消化機能が落ちているシニア犬の胃腸には負担が大きい可能性が高いです。
また、ナトリウム過剰気味である危険性を説明しましたが、シニア犬の腎臓にナトリウムの過剰摂取で負担をかけてしまうと腎臓病の原因になるので注意してください。

ドッグフード工房の評価まとめ

ドッグフード工房は栄養素・安全性・コスパの全てが悪いドッグフードです。

さらに、ほとんどの日本のドッグフードメーカーが従っているAAFCO(米国飼料検査官協会)が定める栄養素の最低基準を下回るドッグフードを全年齢対応として販売しているという不信感もあります
(全年齢との記載はありませんが、給与量一覧に0か月からの給与量の記載があり、全年齢フードとして扱っているのがわかります)

そして、ドッグフード工房に特有の良さというのは1つもありません

ドッグフード工房と同価格帯でドッグフード工房よりもはるかに品質が高いドッグフードがあるので、当サイトのドッグフードランキングを参考に合いそうなものを見つけてください。