ドッグフードランキング

肉が9割?自称”史上最高”のドッグフード「ファインペッツ極」を評価

このページではドッグフード「ファインペッツ極」を栄養素・安全性・コスパの3つの軸をもとに評価し、オススメであると結論付けています。

また、栄養素・安全性・コスパ以外にもファインペッツ極の口コミや、ファインペッツ極が特にオススメな人を紹介しています。

ドッグフード選びに迷っている方、ファインペッツ極に興味がある方は是非参考にしてください。

このページがあなたのドッグフード選びのヒントになることを願っています。

ファインペッツ極の概要

総合評価 ★★★★☆
評価項目 栄養素:★★★★☆
安全性:★★★★★
コスパ:★★★★☆
主原料 アヒル肉・グリーンピース・鶏脂
穀物 不使用
人口添加物 不使用
対応年齢 全年齢
価格/容量 5,701/1.5kg・13,002円4.5k(1.5kg×3)・24,001円/9kg(1.5kg×6)・45,001円/18kg(1.5kg×12) 全て税込み
キロ単価 それぞれ3,800円・2,889円・2,667円・2,500円 全て税込み
原産国 オランダ
販売元 株式会社エヴリワンズ
賞味期限 開封後3か月

ファインペッツ極の成分表

タンパク質 36%(AAFCO最低値22%)
脂質 20%(AAFCO最低値8%)
繊維 3%
灰分 6.7%
水分 8%
エネルギー 422kcal/100g

ファインペッツ極の原料一覧

フランス産アヒル肉グリーンピース鶏脂(天然由来成分にて酸化防止処理済み)、乾燥ポテトオランダ産乾燥ニシン肉全卵アルファルファイナゴマメビール酵母鶏スープ乾燥リンゴサーモンオイル(オメガ3・オメガ6)、亜麻仁油乾燥にんじん乾燥チコリルート魚介抽出物コンドロイチンクランベリー、タウリン、ユッカシジゲラ抽出物
 
良い原料=オレンジ/悪い原料=(なし)
下線が付いている原料はリンクで詳細に飛べます。

ファインペッツ極とは?

ファインペッツ極は株式会社エヴリワンズ(旧TLCドッグフードジャパン)が「ペットを長生きさせる」という思いのもと製造・販売している「FINEPET’S(ファインペッツ)」シリーズの最上位シリーズのドッグフードです。

参考:株式会社エヴリワンズ会社概要

ファインペッツ極の成分評価

アミノ酸スコアの高い良質なタンパク質が豊富

ファインペッツ極の36%というタンパク質量は非常に理想的です。

例えば4kgの犬の1日あたりの理想的タンパク質摂取量は24.5g~32.6gです。ファインペッツ極を食べさせると1日あたり約26gのタンパク質=理想量を摂らせることが出来ます。

また、ファインペッツ極のタンパク質はアミノ酸スコアが高いです。

ファインペッツ極の原料の90%は肉由来だと言います。肉類のなかでも主原料である「アヒル肉」が非常に贅沢に使われているということです。アヒル肉はアミノ酸スコアが100点満点=タンパク質中のアミノ酸バランスの最高な良質のタンパク質を含んでいます。

脂肪酸のバランスの良い脂質

肉類の中でも群を抜いて脂質が多い肉であるアヒルを主原料としているためか、少し脂質が多めです。

一般的に12‐17%が理想的だと言われているので3%オーバーしています。

しかし、オメガ6脂肪酸が30%、オメガ3脂肪酸が3.4%オメガ3脂肪酸を豊富に含んでおり非常に脂肪酸のバランスが良いです。

オメガ3脂肪酸は全身の健康を維持する大切な成分にもかかわらず、一般的な高級ドッグフードでもほとんどオメガ3脂肪酸を含んでいないものが多いので、ファインペッツ極の優秀さが際立ちます。

オメガ3脂肪酸を3.4%も含むドッグフードは他には「モグワン」くらいのものです。

多すぎず少なすぎずな炭水化物

犬にとって優先すべき栄養素はタンパク質と脂質である一方、コストが低い炭水化物の割合が多く、バランスの非常に悪いドッグフードは少なくないです。

キロ単価3000円程度のドッグフードでも炭水化物の割合が50%程度を占めるようなものもあります。

しかし、ファインペッツ極の炭水化物は34%程度と適量です。

これくらいの量であれば、太る原因にはなりにくいですし、血糖値を緩やかにあげていくことで愛犬がより活発になる助けになります。

カロリーは少し高め

ファインペッツ極は脂質が豊富なドッグフードであるため422kcal/100gとカロリーが多めです。

そのため、給与量が問題になります。

例えば「アカナ」のドッグフードであれば、351kcal/100gなので、4kgの犬への標準適正給与量は約90gです。一方で、ファインペッツ極の場合は74gです。

現在どのドッグフードを使っているかによりますが、ファインペッツ極に切り替えた場合は給与量が減らさないといけない方が多いと思います。

もちろん、徐々に慣れさせていくことは出来ますが、ドッグフードが減ることで、愛犬がずっとお腹が空いた状態になったり、愛犬がドッグフードを欲しがる姿に根負けし、ファインペッツ極をこれまでのドッグフードと同量食べさせてしまうことで愛犬を太らせてしまう可能性があります。

(しかし、給与量をうまく減らすことが出来れば経済的というメリットもあります。)

健康成分を含む原料

いくつか健康に良い成分を含む原料があるので紹介します。

全卵

イメージよりタンパク質は多くないもののビタミン(A、D、E、B2、B12、葉酸、パントテン酸、ビオチン)、ミネラル(リン、鉄、亜鉛、銅、ヨウ素、セレン、モリブデン)が豊富で、カロテノイドという抗酸化作用を持つ黄色の色素を持つ。

アルファルファ

葉緑素という抗ガン・コレステロールの正常維持作用を持つ成分、ファイトエストロゲンという抗ガン作用を持つ成分、クマリンという抗酸化作用や抗菌作用を持つ成分フィトステロールというコレステロール正常維持、抗ガン作用を持つ成分を含む。

ユッカ

サポニンという整腸・コレステロールの正常維持作用を持つ成分、ユッカオールという抗酸化・抗炎症作用を持つ成分を含む。

他にも健康成分を含む原料がいくつもあります。興味があれば原料一覧からリンクで飛んでみてください。

ファインペッツ極の安全性

人口添加物不使用で安全

ファインペッツ極には人口添加物が一切入っていません。ビタミンE由来の天然の酸化防止剤だけです。

また、原料一覧に人口添加物と載ってなくても原料自体に人口添加物が入っているケースもありますが、本ドッグフードの場合は原料にも人口添加物は入っていません。

完全に人口添加物不使用となります。

人口添加物は涙やけやその他様々な健康問題の原因になることがあります。

エトキシキンなどの強力な人口添加物の場合はガンや腎臓病の原因になることがあります。

もちろん、人口添加物を食べたからと言ってすぐに愛犬が体調を崩すことは珍しいですが、長期的に愛犬の健康を考えるうえでドッグフードに人口添加物が入っているかどうかは非常に重要なポイントです。

アレルギーにならないとは言えない

ファインペッツ極のアレルギーに対する効果については公式ページのQ&Aに以下のような記述があります。

FINEPET’Sドッグフードは、アレルギーの原因となるもの(牛肉・豚肉・牛脂・獣脂・大豆・防腐剤・着色料等)を使用していませんので食物アレルギーは起きません。また、アレルギーの原因となるフードを与えていたならば、FINEPET’Sドッグフードでに切り替えていただくことでほとんどの場合治ります。
引用元:ファインペッツ よくある質問

アレルギーの原因となるものを使用していませんと言っています。

しかし、ファインペッツ極の原料である「鶏脂」の原料であるは犬のアレルギーの原因になりやすいことで有名です。

ファインペッツ極のドッグフードでも十分に食物アレルギーが起こることは考えられますし、ファインペッツ極に切り替えてもアレルギーが良くならないことも考えられます。

しかし、犬のアレルギーになりやすい食材であるトウモロコシ・穀物が入っていないのでファインペッツ極はアレルギーになりにくいのは事実です。

オランダの最先端工場産で安全

ファインペッツ極はオランダの世界最先端のHACCP準拠の設備を持つクリーンな環境で、化学合成添加物を一切使用せずに、一粒一粒丁寧に製造されています。

HACCPとは、ドッグフードの製造業者が食中毒菌汚染や異物混入等の問題を発生させる要因を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの要因を低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようする衛生管理の手法のことです。

この手法は国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の合同機関である食品規格(コーデックス) 委員会から発表され,各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。

そのため、本ドッグフードは国際基準に沿った、非常に安全なドッグフードと言えます。

ヒューマングレードで安全

安価なドッグフードだと4Dと呼ばれるような非常に品質の悪い原料が使われていることも珍しくありません。

そのようなドッグフードを与えてしまっていると、せっかく他の栄養素が豊富で健康に良い場合でも極端に質の悪い原料のせいで健康を害してしまうこともあります。

そのため、ヒューマングレードと呼ばれる人間でも食べられるくらい品質の高い原料を使っているドッグフードを選ぶ必要があります。

ヒューマングレードという表記は例えば「特定保健用食品」のように法的認可に基づいて表記するものではなく、あくまで製造会社が自称しているものであるため、ヒューマングレードという表記はドッグフードの原料の質を保証するものではないと言う意見もあります。

しかし、栄養素や品質、製造工場などへのこだわりから、ファインペッツ極に関して言えば「真のヒューマングレード」だと確信しています。

ファインペッツ極のコスパ

1.5kg・4.5kg・9kg・12kg・18kgを購入した場合のキロ単価がそれぞれ3,800円・2,889円・2,667円・2,500円とドッグフード界トップクラスの高級ドッグフードです。

しかし、他の無駄に高いドッグフードとは違い、ファインペッツ極は値段相応に栄養素も安全性も非常に優秀です。

そのため、コスパは良いと言えます。

ファインペッツのQ&Aページに載っていた言葉に共感したので紹介します。

ワンちゃんのからだを害する可能性のあるフードを与え、結果的に医療費にお金をかけるのと、ワンちゃんのために考えられるよいものだけを集結させて作られたフード、ワンちゃんの健康を考えたらあなたはどちらを選びますか?

ファインペッツ極の口コミ

ファインペッツ極の良い口コミと悪い口コミの両方を紹介します。良い口コミが90%以上でした。

良い口コミ

ファインペッツに変えてから1週間、涙やけが良くなってきたかも。

食べてくれるか不安だったけど、食いつきえげつない。

うちの子はアレルゲンが26種類もあるから、アレルゲンになる原料の少ないファインペッツ極に変えてみたけど今のところアレルギーは出てきてない。

悪い口コミ

食べてくれなかった。お試しで安かったから良かった。

ファインペッツ極に関する想定される質問

アレルギーは本当に治るの?

ファインペッツ極は公式ページで「アレルギーの原因になる物質は使っていないのでアレルギーが治る」と言っていますが、疑問が残ります。たとえば「鶏脂」や「鶏エキス」の原料になっている鶏は多くのドッグフードに使われている一方でアレルギーの原因になりやすいことが知られています。決して「アレルギーの原因になる物質は使っていない」とは言えないわけです。ただし、グレインフリーですし、アレルギーの原因になりやすい原料は少ないのでアレルギーが治ることもあるとは思います。また、健康に良いドッグフードを食べることで愛犬本来の免疫力を取り戻し、アレルギー症状を緩和する効果が期待できます。

鶏脂は安全なの?

はい。安全です。たしかに、鶏脂には4Dと呼ばれる非常に品質の悪い、有害物質を含む可能性のある鶏肉使われていることがあります。しかし、ファインペッツ極で使われている原料は全て高品質なヒューマングレードの原料なため安全です。

オランダ産乾燥ニシン肉は安全なの?

はい。安全です。たしかに、ニシンなどの酸化の早い魚原料はエトキシキンなどの危険な酸化防止剤が使われていることが珍しくありません。しかし、ファインペッツ極の原料にはビタミンE由来の天然の酸化防止剤しか使われていませんので安全です。

ファインペッツ極がオススメな人

栄養素・安全性・コスパの全てにおいて優秀なので、全ての飼い主さんにオススメです。

ここでは、特にオススメな飼い主さんを紹介します。

愛犬の毛艶が気になる方

愛犬の毛艶が悪くなるのにはいくつもの原因が考えられますが、タンパク質とオメガ3脂肪酸を含む脂質不足が原因であることが多いです。本ドッグフードはタンパク質とオメガ3脂肪酸が非常に豊富なので愛犬本来の美しい毛艶を取り戻す効果が期待できます。

愛犬のアレルギーが気になる方

本ドッグフードには無駄にたくさんの原料を使ってないこと、アレルギーになりやすい穀物・トウモロコシ・鶏卵・牛肉・乳製品を使っていないこと、愛犬本来の免疫力を引き出すことが期待できる抗酸化成分を含む原料が豊富であることから、愛犬をアレルギーから守る効果が期待できます。

愛犬が少食気味な方

本ドッグフードはカロリーが高めなので、少し痩せ気味の子にはピッタリです。大多数の質の悪いドッグフードとは違い、無駄な原料は一切使っていない本ドッグフードで健康に良い成分とカロリーを効率的に摂取出来ます。

愛犬の関節が気になる方

本ドッグフードには人間用の関節保護のためのサプリメントにもなっているコンドロイチンが入っています。

愛犬が涙やけの方

涙やけにはいくつもの原因が考えられますが、人工添加物や消化に悪い穀物が老廃物として目と鼻を繋ぐ涙小管を詰まらせてしまうことが原因の1つとして考えられています。本ドッグフードには人工添加物も穀物を入っていないので涙やけを防ぐ効果が期待できます。

もしファインペッツ極を買うなら

今のところ、Amazonや楽天での取り扱いはありません。

そのため、お試しパックが1.5kgで通常価格5,278円のところ1,080円で買える公式ページで買うのがオススメです。

FINEPET’S極

もし、愛犬の健康は心配だけど少し高いという方がいれば僕も使っている「モグワン」も検討してみくください。