ドッグフードランキング

消化吸収率87%を誇る驚異のドッグフード「ファインペッツ」を評価

このページではドッグフード「ファインペッツ」を栄養素・安全性・コスパの3つの軸をもとに評価し、オススメであるとしています。

また、ファインペッツの栄養素・安全性・コスパの評価、口コミ、ファインペッツに期待できる効果について知ることが出来ます。

ドッグフード選びに迷っている方、フードジプシーを卒業したい方、ファインペッツに興味がある方は是非参考にしてください。

あなたのドッグフード選びのヒントになることを願っています。

ファインペッツ

総合評価 ★★★★☆
評価項目 栄養素:★★★★☆
安全性:★★★★★
コスパ:★★★★☆
主原料 鹿肉・鶏肉・オートミール
穀物 オートミール大麦全粒米
人口添加物 不使用
対応年齢 全年齢
価格/容量 3,394円/1.5kg・6,995円/4kg・13,886円/8kg(4kg×2)・24,686円/16kg(4kg×4) 全て税込み
キロ単価 2,262円・1,748円・1,735円・1,542円 全て税込み
(定期コース10回目以降10%オフ)
原産国 オランダ
販売元 株式会社エヴリワンズ
賞味期限 開封後3か月

ファインペッツの成分表

タンパク質 27.1%
脂質 16%
繊維 4.5%
灰分 8.2%
水分 8%
エネルギー 440kcal/100g

ファインペッツの原料一覧

ファインペッツとは?

「ファインペッツ」は株式会社エヴリワンズ(旧TLCドッグフードジャパン)が「ペットを長生きさせる」という思いのもと製造・販売している「FINEPET’S(ファインペッツ)」シリーズのスタンダードなドッグフードです。上位シリーズのドッグフードにアヒル肉が主原料の「ファインペッツ極」があります。

参考:株式会社エヴリワンズ会社概要

ファインペッツの栄養素

タンパク質は不足気味

ファインペッツのタンパク質は27.1%です。

この数値は一般的にはかなり理想的な数値です。

しかし、ファインペッツのタンパク質は理想量とは言えません。

カロリーが高いからです。

4kgの犬にドッグフードを与える場合を考えてください。4kgの犬の平均摂取カロリーは316kcalで、理想的なタンパク質摂取量は24.5g~32.6gです。

たとえば、「モグワン」というタンパク質が28%でほぼファインペッツと変わらないドッグフードを与えるとします。モグワンは344kcal/100gなので1日あたりの給与量は92gとなり、1日のタンパク質摂取量は25.8gとなります。そのため、モグワンを食べさせればタンパク質を理想量摂らせることが出来ます。

ファインペッツは440kcal/100gと高カロリーなので1日の給与量は72g、1日のタンパク質摂取量は19.5gとなり理想量には届きません。

脂質量は理想的

ドッグフードに含まれる理想的な脂質量は12‐17%です。

ファインペッツの脂質量は16%なので理想的と言えます。

また、脂質中に含まれる脂肪酸のバランスも良いです。

犬にとって必要な脂肪酸は「オメガ3脂肪酸」「オメガ6脂肪酸」「オレイン酸」なのですが、オメガ6脂肪酸・オレイン酸が豊富なドッグフードは多い一方、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれているものはあまりありません。

しかし、ファインペッツにはオメガ3脂肪酸が豊富な「サーモン」と「サーモンオイル」のおかげでオメガ3脂肪酸が2.5%も含まれています。

2.5%と聞くとすごいのか良く分からないという方もいると思いますが、トップクラスの数値です。

オメガ3脂肪酸は全身の健康維持に重要な成分なので、オメガ3脂肪酸を豊富に含むと言うのは非常に重要なポイントです。

炭水化物も丁度良い

ファインペッツの炭水化物を計算により求めると約40%になります。40%という数値は少なすぎず多すぎずの理想的な数値です。

また、炭水化物の内訳もオートミールや大麦などの太りにくい低GI食品が中心です。

そのため、太るのを避けつつも、炭水化物がゆっくりと糖に変わっていき、愛犬の良いエネルギーになり、愛犬がより活発になるのを助けてくれます。

健康に良い原料

ファインペッツの原料は健康に良い成分を豊富に含む食材がたくさん使われています。

特に健康に良い食材の一部を紹介します。

サーモン

低カロリー高タンパクで良いタンパク源になり、また、オメガ3脂肪酸を非常に豊富に含みます。また、サーモンの赤色のもとであるアスタキサンチンという成分はビタミンEの2000倍の抗酸化作用を持つと言われています。

チコリ抽出物

キク科のハーブであるチコリの抽出物です。イヌリンタンニンという成分を含みます。イヌリンは肥満防止作用、タンニンは抗酸化抗菌アレルギー反応の低下整腸作用を持つと言われています。

カモミール

キク科のハーブの一種です。レボメノールマトリシンルテオリンケルセチンクマリンを含みます。それぞれレボメノールは抗刺激抗酸化抗菌作用、マトリシンは抗炎症作用、ルテオリンは抗酸化免疫力向上、ケルセチンは抗酸化抗炎症作用、クマリンは抗酸化抗菌作用を持つと言われています。ハーブの中でもかなり抗酸化作用が強いハーブです。

他にも健康に良い成分をたっぷり含んだ原料がまだまだありますので、気になる方は原料一覧からリンクで詳細ページを見てみてください。

ファインペッツの安全性

人工添加物不使用で安心

人間用の食品には使用が認められていない人工添加物がドッグフードへの使用が認められていたり、ドッグフードには危険性が指摘されている添加物が使用されていることが珍しくありません。

危険な人工添加物の中には、涙やけの原因になるもの、アレルギーの原因になるもの、発ガン性が疑われているもの、脳障害の原因になるもの、肝障害の原因になるもの、腎不全の原因になるものなど様々なものがあります。

せっかく健康に良い成分を含んでいるドッグフードを与えていても人工添加物のせいで愛犬の健康を害してしまったら元も子もありません。

しかし、ファインペッツにはビタミンE由来の天然の酸化防止剤しか使われていないので、非常に安心です。

今もし、人工添加物が原因で涙やけやアレルギーなどの症状が出ている場合、人工添加物不使用のドッグフードに切り替えることで症状が緩和する可能性もあります。

ヒューマングレードの高品質原料で安心

安価なドッグフードには人間の食品には絶対に使えないような非常に低品質な食材が使われていることが珍しくありません。

たとえば、4Dと呼ばれる死骸病気死にかけ障害を持つ動物の肉を使っているドッグフードや、農薬をたっぷり使っている野菜などが使われていたりします。

しかし、ファインペッツのドッグフードには人間でも食べられる高品質な食材しか入っていません。

また、中国産の食材の安全性を懸念して中国産の食材は不使用という徹底ぶりです。

本ドッグフードなら安心して愛犬に食べさせることが出来ます。

HACCP準拠工場産で安心

ファインペッツのドッグフードはHACCPという国連食糧農業機関(FAO)世界保健機関(WHO)の合同機関である食品規格(コーデックス) 委員会から発表され、国際的に認められている食品の衛生管理手法に則ってオランダの最先端工場で製造されており安心です。

せっかくヒューマングレードの高品質な原料を使って、人工添加物不使用でも、製造過程で食中毒菌汚染異物混入等の問題が起きてしまっては安全なドッグフードは作れません。

原料・添加物・製造方法・製造工場・衛生管理の全てにこだわって初めて本当に安全なドッグフードが出来上がります。

アレルギーが治るはウソ

ファインペッツの公式ページを見ていると原料にアレルギーになる原料を使っていないからアレルギーはほとんど起こらず、アレルギーに今悩んでいる子は本ドッグフードに切り替えることで改善する可能性が高いということが書かれています。

しかし、このことに関しては疑問が残ります。

ファインペッツにも「ファインペッツ極」にも含まれている「鶏脂」の原料であるは犬のアレルギーの原因になりやすい食材のトップ5に入るからです。

ただし、ファインペッツは一般的にアレルギーが出やすい食材は少ないのでアレルギーになりにくいというのは確かです。

ファインペッツのコスパ

ファインペッツを1.5kg、4kg、8kg(4×2kg)、16kg(4×4kg)買った場合のキロ単価は2,262円1,748円1,735円1,542円となります。

4kg以上買うのであれば非常にコスパは良いと思います。

ファインペッツは人工の酸化防止剤不使用であるものの、防腐・抗菌・抗酸化作用を持つハーブなどが入っているため、開封後3か月はもつと公式ページに記載されています。

そのため、最初は初回限定1.5kgで1000円のキャンペーンを利用して、もし気に入れば、次回からは4kg以上を買えばキロ単価が約1700円ほどでお得です。

ただし、栄養素と安全性はかなり良いものの、犬にとって最も大切なタンパク質が不足気味というデメリットがあるので、コスパはトップクラスとは言えません。

モグワン」の定期コースだとキロ単価が約1870円になるので、僕ならより栄養素も安全性も高いモグワンを選んでしまいます。

ファインペッツの口コミ

ファインペッツの良い口コミと悪い口コミを紹介します。

良い口コミがほとんどでした。

良い口コミ

ガツガツ食べて食いつきが良いです。でも家の子たちはみんななんでも食べるから参考にならないかも。

最初はあまり食べなかったからもともとあげてたドッグフードと混ぜて食べさせてたんですけど、今ではファインペッツだけでもペロリと完食するようになりました。ただ、ちょっと少ないと思うのか食べ終わっても名残惜しそうにしています。太らせないために我慢しないと。。(笑)

涙やけが酷かったんだけど、人工添加物が涙やけの原因になるって知ってファインペッツに変えてみたら少しずつ治ってきました。あと少し安ければ最高です。

うちのプードルアレルギー持ちでしたが、検査してもなんのアレルギーかって全部分かるわけじゃないんですよね。だから、とにかくアレルギーになる原材料が少ないドッグフードを探している時に出会ったのがファインペッツでした。ファインペッツに切り替えて以来、痒がったりする頻度も減ってきたしちょっとずつ良くなってきてるみたい。やっとフードジプシーを辞めれそうです。

悪い口コミ

下痢になりました。今まで他のドッグフードを食べても平気だったのでファインペッツのせいだと思う。

 

届きました。FINE PET’S ドッグフードです。 テディーの目ヤニが気になるってトリミング先で相談したらエサが合わなくなってるかもと言われ、いろいろ考え、前にカナガンに変えたらうちの子達お腹壊して大変なことになり 1ヶ月近く頑張りましたが、よくならず、高いのに泣く泣く捨てました😅 今回はと選び抜いたのがコレ。 早速、ちょっとあげてみたらびっくり(≧∇≦*) テディーの食い付きがすごい😊 アンディーも最初拒んだけど、すぐに食べてもっとちょうだいって😍 うちの子の年の差10才なので、エサは成犬用と老犬用で違うのあげてた。けど、これは全犬種、全年齢分けなくて良い。 ヒューマンフードで人間も食べられるもの( ¨̮ )︎︎❤︎︎安心安全なものを食べさせたい✨✨✨ #エサ #プレミアムフード #ファインペッツ

はっちさん(@sakuramint0629)がシェアした投稿 –

ファインペッツを買う前の疑問

アレルギーは良くなる?

愛犬が何のアレルギーを持っているかによりますが、ファインペッツはアレルギーの原因になりやすい原料が少ないので症状が緩和する可能性があります。また、リンゴ・チコリ抽出物・フラックスシードなどのアレルギー反応低下作用を持つとされている成分を含む原料がたくさん入っています。

涙やけは良くなる?

涙やけの原因にはいくつかありますが、人工添加物が消化されずに老廃物になり、目と鼻を繋ぐ涙小管を詰まらせることにより引き起こされることがあります。そのため、人工添加物不使用のファインペッツに切り替えることで症状が緩和する可能性があります。

鶏脂は安全なの?

鶏脂は質の悪い原料を使って作られている危険性を懸念して避けるべき原料の1つとして挙げられることが多いですが、ファインペッツの原料は全てヒューマングレードなので鶏脂も安全です。

ポテトは安全なの?

ドッグフードのジャガイモには安価な遺伝子組み換えジャガイモが多く、ジャガイモが入ったドッグフードは危険だとする声もありますが、ファインペッツには遺伝子組み換え食品は一切入っていないので安心です。

ファインペッツがオススメな人

栄養素・安全性・コスパ全てにおいて優秀なので、ファインペッツのドッグフードは全ての飼い主さんにオススメです。

ここでは本ドッグフードの特徴をもとに、特にファインペッツがオススメな方を紹介します。

愛犬のアレルギーを予防したい方

ファインペッツの原料にはアレルギーの原因になりやすいものが非常に少ないです。アレルギーの予防をする効果が期待できます。また、同じ原料を食べ続けているとその原料がアレルギーの原因になりやすいので、ファインペッツに切り替えることでアレルギーの症状が緩和する可能性もあります。またリンゴ・チコリ・フラックスシードなどの原料はアレルギーの原因になるヒスタミンの過剰分泌を予防する効果が期待できます。

愛犬が涙やけを予防したい方

涙やけの原因は人工添加物である可能性があります。消化力の強くない犬にとって人工添加物は非常に消化しにくく、消化されずに老廃物となり、目と鼻を繋ぐ涙小管を塞いでしまうのです。人工添加物不使用のファインペッツなら人工添加物が涙小管を塞ぐ心配はありません。

愛犬の便が安定しない方

ファインペッツは消化吸収率が87%と非常に高く、腸内の善玉菌を活性化する作用を持つフラクトオリゴ糖・マンナンオリゴ糖や食物繊維も4.5%と豊富に入っているので、愛犬の腸の健康維持に役立ちます。また、全身の免疫力の70%は腸に使われていると言われているくらいなので、腸内環境が整うと愛犬がより元気になる効果が期待できます。

愛犬の毛艶を良くしたい方

愛犬の毛艶が悪くなる原因は様々ですが、脂質(オメガ3脂肪酸)が原因なことも多いです。その場合は豊富な脂質オメガ3脂肪酸が愛犬の本来の毛艶の美しさを取り戻すのに役立ちます。老犬だからしょうがないと諦めていたものの脂質の多いドッグフードに変えたら毛艶が戻ったという方はよくいます。

愛犬が少食な方

ファインペッツは440kcal/100gと非常に高カロリーなので、食が細くて体重を増やすのが難しい子の体重増加の助けになります。犬は代謝が良いので痩せているとエネルギー不足になりやすく健康に良くありません。本ドッグフードなら抗酸化成分など健康に良い成分を摂らせつつ、カロリーもたっぷり摂らせてあげることが出来ます。愛犬の健康を守ると同時に、痩せている愛犬の飼い主さん特有の日々の心労も小さくなります。

愛犬の全身の健康維持をしたい方

サーモンやカモミールに含まれる抗酸化成分は体を活性酸素から守り、全身の健康維持に役立ちます。サーモンとカモミールはともに全食品のなかでも特に抗酸化成分が豊富な食品として有名です。その他にも抗酸化成分が豊富な食品がたくさん入っています。

愛犬の関節を保護したい方

ファインペッツには関節保護効果があるとされるグルコサミン・コンドロイチンが豊富に入っています。関節の問題が運動量の低下を招き、さらに他の生活習慣病などの原因になることがあります。今は関節に問題がない子でも、問題が起こる前に対策を取っておくのが大切です。健康な関節で活発に動き回っている子は非常に可愛いものです。

もしファインペッツを買うなら

現時点ではファインペッツは公式サイトでしか買えませんし、公式サイトでは初回限定1.5kgが通常価格3,394円のところ1,080円で買えるので、公式サイトで購入することをオススメします。

FINEPET’Sドッグフード

もし、ファインペッツの他の商品の紹介も見たい方は「ファインペッツ極」のページを、同価格帯でタンパク質も豊富なドッグフードが良いと言う方は「モグワン」のページを参考にしてください。