ドッグフードランキング

ファーストチョイスドッグフードを評価【星2】絶対におすすめしません

ファーストチョイスドッグフード

このページではファーストチョイスドッグフードの①基本情報の紹介、②栄養素・安全性・コスパの3つを軸とした評価、③口コミの紹介と分析をしたうえでファーストチョイスドッグフードはおすすめしないと結論付けています。

「ファーストチョイスドッグフードは安くて品質も良いって聞いたけどどうなんだろ?」

そう思っている方はどうぞ読み進めてください。このページを読み終わった後には絶対にその疑問は解決されています。

ファーストチョイスドッグフードのラインナップ

ファーストチョイスドッグフードはカナダ産のドッグフードで、用途や主原料、愛犬の大きさ別に18種類のラインナップが用意されています。18種類のラインナップは全て 人工添加物不使用 肉副産物は使用せずに製造されています。

ここでは成犬用・小粒のラインナップ9種類を簡単に紹介します。その他のラインナップについては公式サイトをご覧ください。

ファーストチョイスドッグフード成犬チキン低脂肪 名前:「ファーストチョイス成犬小粒チキン」/対応年齢:1歳以上の成犬/低脂肪フード。この後詳しく解説します。
ファーストチョイスドッグフード成犬小粒ラム&ライス 名前:「ファーストチョイス成犬小粒ラム&ライス」/対応年齢:1歳以上の成犬/低脂肪フード。
ァーストチョイスドッグフード成犬小粒チキンダイエット 名前:「ファーストチョイス成犬小粒チキンダイエット」/対応年齢:1歳以上の成犬/低脂肪低カロリーフード。
ファーストチョイスドッグフード成犬小粒アレルゲンケア 名前:「ファーストチョイス成犬小粒アレルゲンケア」/対応年齢:1歳以上の成犬/アレルギーケアフード。原料の白身魚には原料段階で人工添加物が使われている可能性がある。
ファーストチョイスドッグフード成犬小粒アレルゲンケアダイエット 名前:「ファーストチョイス成犬小粒アレルゲンケアダイエット」/対応年齢:1歳以上の成犬/アレルギーケアダイエットフード。白身魚には原料段階で人工添加物が使われている可能性がある。
ファーストチョイスドッグフード成犬体重5kg以下 名前:「ファーストチョイス成犬体重5kg以下」/対応年齢:10か月以上の成犬/小型犬用フード。遺伝子組み換えの可能性の高い大豆を含む。
ファーストチョイスドッグフード成犬小粒インドアドッグ 名前:「ファーストチョイス成犬小粒インドアドッグ」/対応年齢:1歳以上の成犬/オーガニック原料使用フード。アレルギーの原因になりやすい卵を含む。
ファーストチョイスドッグフードダイエタリー食物アレルゲンケア 名前:「ファーストチョイスダイエタリー食物アレルゲンケア」/対応年齢:1歳以上の成犬/食物アレルギーケアフード。フィッシュミールには原料段階で人工添加物が使われている可能性がある。
ファーストチョイスドッグフード下部尿路の健康維持 名前:「ファーストチョイス下部尿路の健康維持」/対応年齢:1歳以上の成犬/下部尿路のケアフード。アレルギーの原因になりやすい卵を含む。

このページではファーストチョイスドッグフードの中でも 1番スタンダードな「成犬小粒チキン」の成分や原材料に基づいて評価していきます。

ファーストチョイスドッグフード

ファーストチョイスドッグフードの基本情報は以下の通りです。

ファーストチョイスドッグフード
総合評価 ★★☆☆☆
評価項目 栄養素:★★☆☆☆
安全性:★★☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆
主原料 コーン、鶏肉、
人工添加物 不使用(無添加)
穀物 コーン
肉副産物 肉副産物
対応年齢 1歳以上の成犬
価格/容量 【1,275円/2.7kg】【2,655円/6.7kg】
キロ単価 それぞれ【472円】【396円】
原産国 カナダ
販売元 アース・ペット株式会社
賞味期限 開封後:1か月

ファーストチョイスドッグフードの成分

ファーストチョイスドッグフードの原材料は以下の通りです。

タンパク質 24%
脂質 9%
繊維 5%
灰分 9%
水分 10%
炭水化物* 48% 
オメガ6/オメガ3 3%/0.43%
エネルギー 333kcal/100g

*炭水化物は100%-(タンパク質+脂質+水分+灰分**)により計算。 **灰分の記載のないドッグフードは灰分を平均的な数値である8%と仮定して計算。

 

リョウ
リョウ
ファーストチョイスドッグフードの原料って穀物メインで消化に悪いんですけど、そのうえ食物繊維が多いのは良くないですね。
オオカミ君
オオカミ君
まあでも、ファーストチョイスで便秘になったって口コミはなかったよな。
リョウ
リョウ
ですね。あとはタンパク質と脂質が少ないのは気になりますね。タンパク質と脂質が足りないと毛艶が良くなったり、皮膚が綺麗になったり、筋肉質で活発になったりって効果は期待できませんね。
オオカミ君
オオカミ君
つまり、ファーストチョイスドッグフードじゃあ俺みたいなクールな男にはなれないってことか。
リョウ
リョウ
で、ですね。

ファーストチョイスドッグフードの原材料

ファーストチョイスドッグフードの原材料は以下の通りです。

コーン、鶏肉、コーングルテンミール、鶏脂、ビートパルプたん白加水分解物、大豆レシチン、魚油(DHA源)、乾燥トマト(リコピン源)、酵母全粒亜麻仁(オメガ3・6脂肪酸源)、マンナンオリゴ糖乾燥チコリ(イヌリン源)、ユッカ抽出エキス、L-カルニチン、ビタミン類(A、D3、E、C、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、ミネラル類(リン、ナトリウム、クロライド、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛、マンガン、セレン、ヨウ素)、酸化防止剤(ビタミンE)

オレンジ=良い原材料、=悪い原材料

オオカミ君
オオカミ君
ファーストチョイスドッグフードの原材料悪いの多すぎだろ!
リョウ
リョウ
ですね~。でも悪い原材料については安全性の項目で説明するのでちょっと待っててください。
オオカミ君
オオカミ君
じゃあ良い原材料な。ファーストチョイスドッグフードの良い原材料は食物繊維が豊富な酵母、チコリと腸内の善玉菌を活性化して健康に良いマンナンオリゴ糖あたりか。
リョウ
リョウ
食物繊維が多過ぎても良くないですけどね。そういえば、ユッカ抽出エキスも整腸作用がある成分を含んでて健康に良いみたいですよ。

ファーストチョイスドッグフードの評価内容

ファーストチョイスドッグフードの栄養素・安全性・コスパを解説していきます。

ファーストチョイスドッグフードの栄養素

ファーストチョイスドッグフードの栄養素には悪い点しかありません。詳しく解説していきます。

ファーストチョイスドッグフード栄養素悪い点

①タンパク質が少ない

ファーストチョイスドッグフードのタンパク質は24%ですが、333kcal/100gのドッグフードの理想的なタンパク質量は26%~34%です。ファーストチョイスドッグフードのタンパク質量は理想的とは言えません。また、ファーストチョイスドッグフードのタンパク質には動物性タンパク質以外にも、コーンや米、コーングルテン由来の質の悪い(アミノ酸スコアの低い)タンパク質が混ざっています。ファーストチョイスドッグフードのタンパク質は量が理想的でないだけでなく、質も低いです。

②脂質が少ない

ファーストチョイスドッグフードの脂質は9%ですが、一般的にドッグフードの理想的な脂質量は12%~17%と言われています。ファーストチョイスドッグフードの脂質量は理想的ではありません。ただし、脂質に含まれる脂肪酸の中でも不足しやすい オメガ3脂肪酸が豊富な点は評価できます。

オオカミ君
オオカミ君
でもファーストチョイスドッグフードの公式サイトには「日本の犬は運動不足だから低脂肪(脂質)なんだ」って書いてなかったか?
リョウ
リョウ
ありますね。でも正直、炭水化物の方が太りやすいうえに、炭水化物を摂るメリットって一つもないんですよ。一方、脂質には皮膚の状態良くしたり、免疫維持したり、毛艶を良くしたりってメリットがあるんでー
オオカミ君
オオカミ君
だったら脂質が多くて、炭水化物が少ない方が健康には良いな!
リョウ
リョウ
そういうことです。だけどファーストチョイスドッグフードは脂質を減らして炭水化物を増やしてるから栄養素の評価が低いんですよ。

ファーストチョイスドッグフードの安全性

ファーストチョイスドッグフードの安全性には良い点も悪い点もあります。

ファーストチョイスドッグフードの安全性:良い点

ファーストチョイスドッグフードの安全性良い点

①人工添加物不使用

ファーストチョイスドッグフードは人工添加物不使用です。人工添加物の危険性はFDA動物医療センターも涙やけやアレルギー、皮膚病、ガンの原因になることもあると声明を出しているほどです。もし、愛犬がアレルギーや皮膚病に苦しんでいるのであれば、人工添加物不使用のドッグフードを選ぶべきですし、アレルギーや皮膚病ではなくても人工添加物を長期的に摂取した場合の影響はわかりませんから、人工添加物を使ったドッグフードは避けるべきです。

②肉副産物不使用

ファーストチョイスドッグフードは肉副産物不使用です。肉副産物は食用に向かない部位などのことです。これらの部位は栄養的な価値がないばかりか、健康を害する有害な成分を含んでいる可能性もあります。しかし、ファーストチョイスドッグフードは肉副産物不使用なので安全です。さらに、肉の質が良いため、高い食いつきも期待できます。実際、ファーストチョイスドッグフードには「食いつきが良い」という口コミが非常に多いです。

ファーストチョイスドッグフードの安全性:悪い点

ファーストチョイスドッグフード安全性悪い点

①穀物使用

ファーストチョイスドッグフードにはコーンや米が使われています。穀物は消化が悪く、消化不良涙やけの原因になります。さらに、コーンは犬のアレルギーの原因になりやすい食材トップ6に入る食材でもあります。また、コーンは遺伝子組み換え食品の可能性が高いです。遺伝子組み換え食品が広く普及しているアメリカでは遺伝子組み換え食品の普及とともにアレルギー皮膚病、その他の病気の発生件数が増えているので注意が必要です。実際、ファーストチョイスドッグフードには「 アレルギーになった」という口コミもあります。

②ビートパルプ使用

ファーストチョイスドッグフードにはビートパルプが使われています。ビートパルプはサトウダイコンという植物から砂糖を抽出した後に残る副産物です。砂糖を抽出する際に硫酸系の薬品を使用していることが多く、薬品の残留が心配されています。ファーストチョイスドッグフードの公式サイトにはビートパルプは食物繊維が豊富だから使用しているとの説明がありますが、飼い主さんと愛犬のことを考えるならビール酵母などのもっと安全で食物繊維を含む食材を使えば良いだけです。

③たん白加水分解物使用

ファーストチョイスドッグフードにはたん白加水分解物が使われています。たん白加水分解物はタンパク質の補助食材ですが、製造過程で発ガン性があるクロロプロパノールという物質が微量ながら生成されることがあります。ドッグフードは長期的に食べさせるものですから、発ガン性があるものは避けた方が良いです。

オオカミ君
オオカミ君
ファーストチョイスドッグフードはたん白加水分解を使っているけど、タンパク質を増やしたいなら鶏肉の割合増やせば良いだけなんだから、少しでも心配のある原材料は使って欲しくないな。
リョウ
リョウ
そうなんですよ。そもそも涙やけやアレルギー、皮膚病の原因になりやすい穀物を主原料として使ってるのが間違いですよ。
オオカミ君
オオカミ君
薬品の残留が心配なビートパルプも使ってるしな。

ファーストチョイスドッグフードのコスパ

ファーストチョイスドッグフードのキロ単価は2.7kg購入時で472円です。かなり安いです。また、同価格帯のアイムスよりは品質が高いです。しかし、ファーストチョイスドッグフードが含んでいる可能性のある遺伝子組み換え食品発ガン性のあるクロロプロパノールアレルギーの原因になりやすいトウモロコシ等が及ぼす長期的な影響を考えるとファーストチョイスドッグフードのコスパは良くありません。

リョウ
リョウ
安いドッグフードは今はお得に感じるかもしれませんが、動物病院は安くないので、何度か病気でお世話になったらかなり高くつきます。だったら予め少し高くても健康に良いドッグフードを食べさせてあげた方が 愛犬にとってはもちろん、飼い主さんたちのお財布にも優しいんですよ。
オオカミ君
オオカミ君
たしかに犬と過ごす時間は1年や2年じゃないから長期的に考えないとだめだな。今は若くて強いから健康に見えても、年取った時に若い頃に食べてたドッグフードの違いが出るかもしれないもんな。

ファーストチョイスドッグフードの口コミ

ファーストチョイスドッグフードの口コミは「お店の対応が良かった」「安い」「いつも食べさせてます」というような内容の参考にならないものが多く、40件以上に目を通しましたが参考になるのは15件だけでした。良い口コミが13件、悪い口コミが2件でした。

良い口コミの内容は① 食いつきが良い(12件)、② 涙やけが改善した(1件)でした。悪い口コミは①アレルギーになった(1件)、②食いつきが悪い(1件です)という内容でした。

(ファーストチョイスの良い口コミ)

口コミ
口コミ
エサを食べなくなってきたのでファーストチョイスドッグフードを購入しました。ファーストチョイスドッグフードはがっついてくれるようになりました。お値段も安く助かります。

口コミ
口コミ
よく食べるうちのフレンチブルドッグに購入。本当にファーストチョイスドッグフードは良く食べます。なので6.5kgもあってこの価格はコスパが良いし素材もフレッシュチキンを使用していたり他の素材も安心出来そうなばかりなのでこれからもファーストチョイスドッグフードを購入しようと思います。

(ファーストチョイスの悪い口コミ)

口コミ
口コミ
ファーストチョイスドッグフードはうちの子達には合わなかったみたいです。皆食べずにがっかりでした。やはり試食は大事ですね。

オオカミ君
オオカミ君
ファーストチョイスドッグフードの口コミは食いつきに関するものばっかりだな。
リョウ
リョウ
健康に関心のある人だとなかなかファーストチョイスは買わないと思うので、どうしても食いつきに関する口コミに偏るんでしょうね。

ファーストチョイスドッグフードの評価まとめ

ファーストチョイスドッグフードのメリットとデメリットをまとめると次の通りです。

・人工添加物、肉副産物不使用で安全

・食いつきが良いという口コミ多数

・タンパク質、脂質が不足気味で筋肉、被毛、皮膚に良くない

・穀物を使用しており、消化不良、涙やけの心配がある

・トウモロコシはアレルギーの原因になりやすいうえに、遺伝子組み換え食品の可能性あり

・発ガン性物質クロロプロパノールを含んでいる可能性のある食材が使われている

メリットのわりにデメリットが大きすぎますのでファーストチョイスドッグフードはおすすめしません。ただし、同じキロ単価が500円以下のドッグフードである愛犬元気やアイムスと比べると多少はマシです。もしどうしてもキロ単価500円程度しか出せないのであればファーストチョイスドッグフードがおすすめです。