ドッグフードランキング

ドッグフード「カークランド・シグネチャー」を評価【星3】おすすめしません

カークランド・シグネチャードッグフード

このページではドッグフード「カークランド・シグネチャー」の①基本情報の紹介、②栄養素・安全性・コスパ・口コミの4つに基づく評価をしたうえでカークランド・シグネチャーはおすすめしないと結論付けています。

「コストコのカークランドシグネチャーって安くて良いって聞いたけど、実際どうなの?」

そう疑問に思っている方は、このページを読み進めてください。このページを読みさえすればその疑問は消えます。

カークランド・シグネチャードッグフードのラインナップ

カークランド・シグネチャーはアメリカの「コストコ」の自社ブランドで「カークランド・シグネチャー」シリーズと「カークランド・シグネチャー<ネイチャーズドメイン>」シリーズの2つのシリーズ、計12のラインナップがあります。日本での取り扱いがある5つのラインナップを簡単に紹介します。

カークランド・シグネチャー<ネイチャーズドメイン>
カークランドシグネチャーネイチャーズドメイン 名前:「カークランド・シグネチャー<ネイチャーズドメイン>サーモン」/対応:全年齢/主原料:サーモンミール、サツマイモ、えんどう豆/危険な原材料:サーモンミール(人工添加物)、キャノーラ油(トランス脂肪酸)、塩(ナトリウムの過剰摂取)
カークランド・シグネチャー
カークランドシグネチャーアダルトラム 名前:「カークランド・シグネチャー アダルト ラム」/対応:全年齢/主原料:ラム・ラムミール・玄米/危険な原材料:卵類(アレルギー)、ビートパルプ(残留薬品)、魚肉(人工添加物)、塩(ナトリウムの過剰摂取)
カークランドシグネチャーアダルトチキン 名前:「カークランド・シグネチャー アダルト チキン」/対応:全年齢/主原料:鶏肉、玄米、精製麦/危険な原材料:卵類(アレルギー)、ビートパルプ(残留薬品)、魚肉(エトキシキン)、塩(ナトリウムの過剰摂取)
カークランドシグネチャースモール 名前:「カークランド・シグネチャー スモール チキン」/対応:全年齢/この後詳しく解説します。
カークランドシグネチャーパピー 名前:「カークランド・シグネチャー パピー チキン」/対応:1歳まで/主原料:鶏肉、玄米、精製麦/危険な原材料:卵類(アレルギー)、ビートパルプ(残留薬品)、魚肉(人工添加物)、塩(ナトリウムの過剰摂取)

(出典:https://www.costco.com/dog-food.html)

このページでは小型犬でも食べやすい「カークランド・シグネチャー スモール チキン」(以降カークランド・シグネチャー)の成分や原材料、口コミに基づいて評価していきます。

「カークランド・シグネチャー」ドッグフード

カークランド・シグネチャードッグフードの基本情報は以下の通りです。

カークランド・シグネチャードッグフード(出典:https://www.costco.com/dog-food.html)

総合評価 ★★★☆☆
評価項目 栄養素:★★★☆☆
安全性:★★☆☆☆
コスパ:★★★★☆
口コミ:★★★☆☆
主原料 鶏肉、チキンミール、玄米
人工添加物 原材料に含まている可能性あり
穀物 玄米、精製麦
肉副産物 使用の可能性あり
対応年齢 全年齢
粒の大きさ 小粒
価格/容量 【3,498円/9.04kg】
キロ単価 【386円】
原産国 アメリカ
販売元 コストコホールセール・ジャパン
賞味期限 開封後:1か月(目安)

「カークランド・シグネチャー」ドッグフードの成分

カークランド・シグネチャードッグフードの成分は以下の通りです。

タンパク質 26%
脂質 16%
繊維 4%
灰分 7%
水分 10%
炭水化物* 41%
オメガ6/オメガ3 2.5%/0.4%
エネルギー 375kcal/100g

*炭水化物は100%-(タンパク質+脂質+水分+灰分**)により計算。 **灰分の記載のないドッグフードは灰分を平均的な数値である8%と仮定して計算。

リョウ
リョウ
カークランド・シグネチャーのタンパク質量は理想量には足りませんが、脂質や繊維、炭水化物は問題ないですね。
オオカミ君
オオカミ君
成分はまずまずって感じだな。

「カークランド・シグネチャー」ドッグフードの原材料

カークランド・シグネチャードッグフードの原材料は以下の通りです。

鶏肉、チキンミール、玄米、精製麦、鶏脂、卵類乾燥ビートパルプ、ジャガイモ、フィッシュミール、フラックスシード、天然香料、乾燥イースト、キビ、乾燥チコリールート、塩化カリウム、食塩、塩化コリン、にんじん、えんどう豆、乾燥ケルプリンゴクランベリーローズマリーエキス、パセリ、タウリンユッカエキス乾燥アシドフィルス乳酸菌発酵産物乾燥ビフィズス菌発酵産物乾燥乳酸桿菌発酵産物、ビタミンEサプリメント、鉄たんぱく化合物、亜鉛たんぱく化合物、銅たんぱく化合物、硫酸鉄、硫酸亜鉛、硫酸銅、ヨウ化カリウム、ビタミンB1、マンガンたんぱく化合物、酸化マンガン、ビタミンC、ビタミンAサプリメント、L-カルニチン、ビオチン、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ビタミンB6、ビタミンB12サプリメント、ビタミンB2、ビタミンDサプリメント、葉酸

オレンジ=良い原材料/=悪い原材料

オオカミ君
オオカミ君
卵はアレルギーの原因になりやすいんだったよな。
リョウ
リョウ
そうなんですよ。今はアレルギーじゃなくてもいつかアレルギーになりやすいのでね。カークランド・シグネチャードッグフードの他の悪い原材料については後で解説しますね。
オオカミ君
オオカミ君
良い原材料は腸に良い乳酸菌とかか。他には抗酸化成分が豊富なリンゴやクランベリー、ローズマリーエキスも◎だな。

「カークランド・シグネチャー」ドッグフードの評価内容

カークランド・シグネチャードッグフードの栄養素・安全性・コスパ・口コミの4つを解説していきます。

「カークランド・シグネチャー」ドッグフードの栄養素

カークランド・シグネチャードッグフードに栄養素には良い点もありますが、心配な点が多いです。それぞれ説明していきます。

「カークランド・シグネチャー」ドッグフードの栄養素:良い点

カークランド・シグネチャー栄養素:良い点

①脂質が良質で豊富

一般的にドッグフードの理想的な脂質量は12%~17%だと言われています。カークランド・シグネチャードッグフードの脂質量は16%なので理想的だと言えます。さらに、脂質の中でも特に健康に良く重要なオメガ3脂肪酸が豊富なのでカークランド・シグネチャーの脂質は良質です。良質な脂質を理想量摂ることで免疫や皮膚、被毛の健康維持が期待できます。

「カークランド・シグネチャー」ドッグフードの栄養素:悪い点

カークランド・シグネチャー栄養素:心配な点

①タンパク質量が理想的でない

カークランド・シグネチャーのカロリーは375kcal/100g です。375kcal/100gのドッグフードの理想的なタンパク質量は28.9%~38.6%です。カークランド・シグネチャーのタンパク質量は26%なので理想的とは言えません。AAFCO(米国飼料検査官協会)が定める最低基準は満たしているので健康に悪いわけではありませんが、健康に良い効果は期待できません

②ナトリウム量の心配

カークランド・シグネチャーには塩が使われています。塩が使われていることが必ずしも健康に悪いというわけではありませんが、塩がたった0.7%含まれているだけで犬のナトリウムの推奨摂取量をオーバーしてしまいます。多少オーバーする程度ならそれほど心配する必要はないかもしれませんが、カークランド・シグネチャードッグフードの成分表にはナトリウム量の記載がありません。塩を使用しているために、カークランド・シグネチャーのナトリウム量が推奨摂取量を大きくオーバーしていた場合には腎臓に負担をかけ、腎臓病の原因になることが考えられます。

オオカミ君
オオカミ君
良い点に乳酸菌とか抗酸化成分が豊富だっていうのは含まれないのか?
リョウ
リョウ
含まれませんね。どれくらい入ってるかわかりませんし、便の状態が良くなったとか(抗酸化成分でアレルギーが良くなったって口コミもないですから。

「カークランド・シグネチャー」ドッグフードの安全性

カークランド・シグネチャードッグフードの安全性には良い点はありません。心配な点を説明していきます。

①人工添加物の心配

アメリカ合衆国の法律で水域に入ってくる魚やフィッシュミール、魚粉には酸化防止剤を使うことが義務付けられています。その際にエトキシキンのように危険な酸化防止剤が使われることが多いので注意が必要です。ドッグフードの人工添加物不使用という記載は製造段階で人工添加物を使ってないというだけで原材料に人工添加物が含まていないということを意味するものではありません。カークランド・シグネチャードッグフードのニシンミールにも酸化防止剤が含まれている可能性があります。

②肉副産物の心配

低品質のドッグフードには肉副産物と称して食用に向かない部位や、病気で死亡した動物の肉が使われていることがあります。以前にペントバルビタールという動物を安楽死させるのに用いる薬品が牛の肉副産物に残留しており死亡事故も実際に起きています。高品質のドッグフードには肉副産物不使用という記載があることが多いですが、カークランド・シグネチャーには肉副産物不使用という記載はないので注意が必要です。

③遺伝子組み換え作物の心配

遺伝子組み換え作物は安全だとする声も多いですが、アレルギー皮膚病ガン等の原因になるとして危険だとする声もあり、食への安全意識の高いヨーロッパでは禁止されていることが多いです。しかし、カークランド・シグネチャーの原産国アメリカでは遺伝子組み換え作物が使われることが多く、カークランド・シグネチャーにも遺伝子組み換え作物が使われている可能性が高いので注意が必要です。

オオカミ君
オオカミ君
カークランド・シグネチャーは穀物を使ってるみたいだけど心配な点じゃないのか?
リョウ
リョウ
カークランド・シグネチャーを食べるようになってからアレルギーや消化不良、涙やけになったって口コミはないので、心配し過ぎる必要もないですけど麦はアレルギーの原因になりやすいので心配ですね。

「カークランド・シグネチャー」ドッグフードのコスパ

カークランド・シグネチャードッグフードのキロ単価は9.07kgサイズ(最小)購入時で386円です。カークランド・シグネチャーの品質は決して良くありませんが、同価格帯の「愛犬元気」や「アイムス」に比べるとかなりましなので、比較的コスパは良い方です。

「カークランド・シグネチャー」ドッグフードの口コミ

カークランド・シグネチャードッグフードの口コミを37件確認したところ、参考になる口コミ(「配達が早かった」等のように製品自体に関係のない口コミ、「愛犬に合ってるので、いつもこれです」等のように具体性がない口コミを除いた全ての口コミ)は15件ありました。15件全部良い口コミでした。

15件の良い口コミの中で指摘されていた良い点とその回数を確認すると次のようになりました。(1つの口コミ内で複数の良い点が指摘されていることがあるため、カッコ内の数を足しても13にはなりません。)

①食いつきが良い(13件)
②皮膚の状態が良くなった(2件)
③便の状態が良くなった(2件)
④毛艶が良くなった(1件)

リョウ
リョウ
カークランド・シグネチャーには「皮膚の状態が良くなった」とか「便の状態が良くなった」とか良い口コミも付いてるんですけど約40件中の2件とかなので正直なところ、どれくらい当てにしていいのかわからないんですよね。
オオカミ君
オオカミ君
2件くらいだとたまたまってことも考えられるからな。でも食いつきは期待できそうだな。

カークランド・シグネチャーの実際の口コミ

口コミ
口コミ
最近、ごはんを喜んで食べなかったので、新しい物に変えてみようとカークランド・シグネチャーを購入しました。食べさせたところ、ガツガツ食べるようになりました。ワンコも飼い主も満足です。
口コミ
口コミ
ネットで評判を見てコストコの会員ではないのでお試しでカークランド・シグネチャーを注文しました。犬もよく食べて便の状態もいいです。今まではサイエンスだったのですが、某サイトでこの餌の紹介を見て購入しました
口コミ
口コミ
カークランド・シグネチャーはロイヤルカナンよりも食いつきがよく、コスパも良いので買ってよかったと、思います

「カークランド・シグネチャー」ドッグフードの評価

カークランド・シグネチャードッグフードのメリットとデメリットをまとめると次の通りです。

①免疫や皮膚、被毛の健康維持に欠かせない脂質が豊富。

②キロ単価500円以下のドッグフードの中では比較的まし。

①タンパク質量が理想的ではないので愛犬が筋肉質で活発になる効果は期待できない。

②塩が使われており、ナトリウムの過剰摂取の危険性がある。

②魚原料に人工添加物が含まれている可能性がある。

③非常に低品質な肉副産物が使われている可能性がある。

④遺伝子組み換え作物が使われている可能性がある。

これらのメリットとデメリットを考慮するとカークランド・シグネチャードッグフードはおすすめ出来ません。ドッグフード代を安く抑えたいなら、キロ単価は約800円になりますが、「プラチナムナチュラル」を検討してみてください。