ドッグフードランキング

ライフメニューライトドッグフードを評価【星2】

ライフメニュードッグフード

ライフメニューライトはそれほど有名なドッグフードではありません。

そんなライフメニューライトドッグフードを調べてこの記事にたどり着いた方は愛犬の健康に非常に気を付けていらっしゃることだと思います。

だからこそ、ライフメニューライトは客観的に見て、全く良いドッグフードではないことをこの記事を通してお伝えしたいです。

この記事の内容は以下の通りです。

  1. 簡単な紹介と総評
  2. 成分や原材料の紹介、原材料の解説
  3. 栄養素・安全性・コスパ・口コミの評価
  4. 想定される質問とその答えの紹介(アレルギー・涙やけ・被毛・皮膚・ダイエット・シニアに良いかなど)

このページを読んでいただければ、ライフメニューライトを僕がおすすめしない理由も全部納得していただけると確信しているので購入前に参考にしてください。

ライフメニューライトドッグフードとは?

ライフメニューライトは全年齢・全犬種に対応した「株式会社アン」オリジナルの無添加・自然派ドライフードです。

生肉から製造し、製造工程において一切保存料を添加せず、ビタミン、ミネラル等も、できる限り素材から取れるよう設計しているといいます。

2018年現在、ライトナップは1つです。

無添加にこだわり、ビタミンやミネラルも出来る限り素材から取れるようにしているようですが、ライフメニューライトには総合栄養食という表示はなく、AAFCOの定める栄養素の最低基準を下回っていると考えられます。
いくら無添加で安全性が高くても栄養素が悪ければ結局は愛犬にとってマイナスになるので注意してください。

ライフメニューライトドッグフードの基本情報

ライフメニュードッグフード(出典:ann|ライフメニュー・ライト)

総合評価 ★★☆☆☆
評価項目 栄養素:★☆☆☆☆
安全性:★☆☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆
口コミ:★★★☆☆*
主原料 豚肉、穴子、大麦全粒粉
人工添加物 不使用
穀物 大麦、はと麦、玄米粉
肉副産物 不使用
対応年齢 全年齢
価格/容量 【802円/400g】【3,919円/2kg(400g×5)】【7,622円/4kg(400g×10)】
キロ単価 それぞれ【2,005円】【1,959円】【1,905円】
原産国 日本
販売元 株式会社アン
賞味期限 開封後:1か月

*評価できるほど口コミが多くなかったため、仮の評価として星3としてあります。

ライフメニューライトドッグフードの成分

ライフメニューの成分円グラフカッコ内の%は米国学術研究会議(NRC)、およびAAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準ならびに「小動物臨床栄養学」のガイドラインとカロリーにより計算した理想的な数値です。

タンパク質 23%(27~36%)
脂質 6%(12~17%)
繊維 6%(~4%)
灰分 4%(5~10%)
水分 10%
炭水化物* 57%
オメガ6/オメガ3 記載なし
エネルギー 350kcal/100g

*炭水化物は100%-(タンパク質+脂質+水分+灰分**)により計算。 **灰分の記載のないドッグフードは灰分を平均的な数値である8%と仮定して計算。

ライフメニューライトドッグフードの原材料

原材料イメージ
肉類(国産豚肉)・魚類(国産穴子)・大麦全粒粉・魚粉さつまいも・はと麦・じゃがいも・玄米粉・いりごま菜種油・ホエイタンパク・脱脂粉乳昆布イソマルトオリゴ糖・カルシウム粉末・スピルリナ(藻類)乳酸菌群

オレンジ=良い原材料/紫=悪い原材料

ライフメニューライトの原材料の解説

1)豚肉
脂質やビタミン(B1、ナイアシン、B6)、ミネラル(リン、セレン)が豊富ですが、豚肉の脂質はオメガ3脂肪酸:オメガ6脂肪酸が1:19程度で悪い脂質です。また、水分を50%程度含んでおり、調理後のドッグフードに占める割合は少なくなります。

2)穴子
アミノ酸スコアが100の良質なタンパク質、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の比率が7:1の非常に良質な脂質、ビタミン(A,E,B2,B12,ナイアシン,パントテン酸)、各種ミネラルが豊富です。しかし、72%が水分なため、調理後のドッグフードに占める割合はごくわずかになります。

3)大麦全粒粉
アレルギーの原因になるグルテンが入っていない炭水化物源で、ビタミン(B6ナイアシン,パントテン酸)、ミネラル(マグネシウム,リン,鉄,亜鉛,銅,モリブデン)が豊富です。しかし、穀物は消化に悪く、消化不良や涙やけの原因になるので注意が必要です。

4)魚粉
低品質な食材だと考えられがちですが、タンパク質が非常に豊富で、良質なタンパク質源になります。

5)さつまいも
アレルギーの原因になるグルテンが入っていない炭水化物源です。食物繊維と抗酸化作用を持つβカロテン(ビタミンAの前駆体)が豊富という特徴があります。

6)はと麦
アレルギーの原因になるグルテンが入っていない炭水化物源です。新陳代謝の促進、抗ガン作用、脂肪の代謝の促進の効果を持つとされるコイクセラノイド、9-ヒドロキシ-オクタデカン酸などを含みます。しかし、穀物は消化に悪く、消化不良涙やけの原因になるので注意が必要です。

7)じゃがいも
アレルギーの原因になるグルテンが入っていない炭水化物源です。しかし、ジャガイモは高GI食品と呼ばれ、体内に入ってから糖に変わるのが早く、血糖値を上昇させることで肥満の原因になります。

8)玄米粉
アレルギーの原因になるグルテンの入っていない炭水化物源で、ビタミン(B1,B6,E,ナイアシン,パントテン酸,葉酸)、各種ミネラルが豊富です。

9)いりごま
ビタミン(B1、ナイアシン、B6、葉酸)、ミネラル(カルシウム、マグネシウム、リン、鉄分、亜鉛、銅)、抗酸化、抗ガン、コレステロールの低下作用を持ち、健康食品としても有名なセサミンを含みます。

10)菜種油
酸化しにくい脂質でドッグフードに使われることが多いですが、オメガ3脂肪酸/オメガ6脂肪酸が1/22程度で脂肪酸のバランスが悪いほか、WHO(世界保健機関)に「命を奪う」と危険性を指摘されているトランス脂肪酸が含まれるのでかなり注意が必要な食材です。

11)ホエイタンパク
ドッグフードにタンパク質をプラスするための食材ですが、原材料がわからないのでアレルギーなどに注意が必要です。

12)脱脂粉乳
アミノ酸スコアの高いタンパク質やビタミン(B2,B12,パントテン酸,ビオチン)、各種ミネラルが豊富なのは良いですが、乳製品はアレルギーの原因になりやすい食材なので注意してください。

13)昆布
ビタミン(B1,B2,葉酸)、各種ミネラル、整腸・コレステロールの正常維持作用を持つアルギン酸、肝機能補助・抗菌・抗アレルギー・コレステロールの正常維持作用を持つフコダイン、抗酸化・抗ガン・脂肪分解作用を持つフコキサンチンを含みという良い点もありますが、30%が食物繊維で、食物繊維の過剰摂取の原因になります。

14)イソマルトオリゴ糖
腸内の善玉菌を活性化し腸内環境を整えるのに役立ちます。

15)カルシウム粉末
ドッグフードにカルシウムをプラスするための食材ですが、原材料がわからないのでアレルギーなどに注意が必要です。

16)スピルリナ
タンパク質と抗酸化作用を持つβ-カロテン、ゼアキサンチンが豊富な藻類です。

17)乳酸菌群
乳酸菌はそれぞれ特徴がありますが、整腸作用が期待できます。

ライフメニューライトドッグフードの評価内容

このページを読み終わった時に「評価はわかったけど、どうしてその評価になったのかよくわからない」とならないように、食糧ドッグフードの栄養素・安全性・コスパの評価とその理由を解説していきます。

ライフメニューライトドッグフードの栄養素

ライフメニューライトドッグフードの栄養素は星1です。

ライフメニューライトドッグフードの栄養素には良い点は1つもなく、「タンパク質が少ない」「脂質が少ない」「炭水化物が多い」という3つの悪い点があるため、栄養素は最低レベルだと判断しました。

悪い点を解説していきます。

悪い点:タンパク質が少ない

ドッグフードに含まれるタンパク質の働きAAFCO(米国飼料検査官協会)の定める全年齢向け総合栄養食のタンパク質の最低含有量は22%なので、ライフメニュードッグフードは最低基準は満たしています。
そのため、ライフメニューライトを食べさせたからと言って不健康になるわけではありません。

しかし、タンパク質を理想量摂取した際に期待できる以下のような効果は期待できません。

  1. 筋肉の成長・維持
  2. 成長促進
  3. 傷の修復
  4. 免疫力の向上
  5. 毛質の維持
  6. セロトニン*の生成

悪い点:脂質が少ない

ドッグフードに含まれる脂質の働き成分表に記載があった通り、ライフメニューライトの脂質は理想量を満たしません。

ライフメニューライトの栄養素はAAFCO(米国飼料検査官協会の)の総合栄養食としての最低基準は満たしているので、健康を害することはありません。

しかし、良質な脂質を十分に摂らせてあげることで期待できる、脂質の働きは期待できません。

  1. 皮膚、被毛の健康維持
  2. 血管、血液の健康維持
  3. 目の健康維持
  4. 血中脂肪を減らす
  5. ガンの発生や増殖を抑制する
  6. アレルギーや炎症を抑える

悪い点:炭水化物が多い

炭水化物は適量摂取する分には問題ありませんが、摂り過ぎると肥満生活習慣病の原因になります。

一般的なドッグフードの炭水化物が45%前後であることが多い一方、ライフメニューライトの炭水化物は57%で12%も平気を上回っており、過剰気味です。

さらに、炭水化物源にジャガイモのように高GI食品と呼ばれる、体内に入ってから糖に変わるスピードが早く、血糖値を急上昇させることで肥満の原因になりやすい食品を含んでいるので余計に肥満の原因になりやすいので注意してください。

ライフメニューライトドッグフードの安全性

ライフメニューライトドッグフードの安全性は星1です。

ライフメニューライトドッグフードの安全性には「人工添加物不使用」「肉副産物不使用」という良い点もありますが、「穀物の使用」「食物繊維が過剰気味」「菜種油の使用」「脱脂粉乳の使用」という3つの悪い点があるため安全性は最低レベルだと判断しました。

良い点と悪い点についてそれぞれ解説していきます。

良い点:人工添加物不使用

人工添加物不使用はアレルギー涙やけガンの原因の1つになるとしてFDA(アメリカ食品医薬品局)もその危険性を指摘しています。
また、人工添加物不使用のドッグフードに切り替えたところ、アレルギーや涙やけ良くなったという話も珍しくありません。
これは裏を返せば、実際に人工添加物がアレルギーや涙やけの原因になっていたということを意味します。

そのため、人工添加物不使用というのはドッグフードの安全性において非常に重要なポイントです。

良い点:肉副産物不使用

全ての肉副産物が悪いわけではありません。

しかし、ドッグフードの中には肉副産物と称して4Dミート(死骸、病気、死にかけ、障害を持つ動物の肉)と呼ばれるような物が使われていることもあります。
アメリカでは肉副産物安楽死薬が入っており、ドッグフードを食べた子が亡くなる事件も起きました。

そのため、ライフメニューライトには肉副産物が使われていないというのは安全性において非常に重要な意味を持ちます。

悪い点:穀物の使用

犬は穀物を消化するのに役立つアミラーゼという酵素が口内からほとんど分泌されていないので、ほとんど消化されない状態で胃腸に穀物がやってきます。

その結果、胃腸に負担をかけたり、消化不良になったり、消化不良で胃腸の状態が悪くなることで免疫が低下したり、免疫が低下したことが原因でアレルギーを発症・悪化する危険性もあるのです。

そのため、ライフメニューライトを食べさせるときには注意してください。

悪い点:食物繊維が過剰気味

食物繊維は適量を摂る分には健康に良いですが、過剰摂取すると腸内環境を悪化させたり便秘なったり、必要な栄養素の消化吸収率が下がったりという危険性が存在します。

一般的に、食物繊維は4%までが良いと言われている一方、ライフメニューライトの食物繊維は6%なので念のために注意が必要です。

食物繊維が多いドッグフードは便が繊維で固められたり、消化が上手くできておらず便の量が増えることも多いです。
それを見て「便の状態が良くなった」「便がいっぱい出て快便です」という口コミが付くこともあります。

そのため、良い口コミが必ずしもそのドッグフードの品質が良いということを意味するものではないことを忘れないでください。

悪い点:菜種油の使用

菜種油の脂質はトランス脂肪酸というアレルギー生活習慣病の原因の1つになる危険な脂肪酸を含みます。

WHO(世界保健機関)はトランス脂肪酸は不必要な有毒化学物質で、命を奪います世界中の人々がそのような物質にさらされ続ける理由はありません」としているのでライフメニューライトを食べさせる場合には注意してください。

悪い点:脱脂粉乳の使用

まず、乳製品は犬にとってアレルギーの原因になりやすい食材の1つです。

さらに、乳製品には乳糖(ラクトース)が含まれますが、加齢とともにラクトースを消化する消化酵素(ラクターゼ)の量が減っていき、中には乳製品を摂取すると下痢嘔吐腹部の膨満痙攣などの症状が出る子もいます。

子犬の時には問題なく乳製品を摂取していた子でも、最近は乳製品を摂取させていない場合はライフメニューライトを食べさせる時には注意が必要です。

ライフメニューライトドッグフードのコスパ

ライフメニューライトドッグフードのコスパは星2です。

ライフメニューライトドッグフードの栄養素・安全性・コスパにもとづく純粋な品質=パフォーマンスは星2で平均を下回りますが、価格=コストは平均的なプレミアムドッグフードと同程度なのでコスパは悪いと判断しました。

ライフメニューライトドッグフードの口コミ

ライフメニューライトドッグフードの口コミは数が少なく、評価することは出来ませんでしたが、いくつか参考になる口コミがあったので紹介します。

問題なく切り替えられた
かつおの香りがします。鶏肉は避けているので、豚肉もいいんじゃないかなぁと思います。馬肉タイプの方を混ぜてあげたりしています。普通、フードを変えようとすると、何日もかけて少しづつ変えないと下痢になってしまいますが、こちらのは、とつぜん100%で変えても下痢になりませんでした。ウチの子にはとても合っているようです。
アレルギーが良くなった
こちらの国産ドッグフードを一通り試したのですが、うちの子はこれが一番粒が小さく食べやすかったみたい。お値段も比較的安くて重宝してます。市販のドッグフードをあげてた時は皮膚のアレルギーがでて大変だったけど、こちらに変えてから本当に良くなりました。
切り替え時に下痢と嘔吐に・・・
切り替え時、最初はとても良く食べてくれましたが下痢してしまいました。次の日には吐いてしまって・・。それから2日は全然エサを口にしてくれず、心配しました。うちのトイプーは給餌量を参考にあげると多くて負担になるようです。少な目にして再開してみましたが、今のところ問題はなさそうです。身体に良さそうなので、このまま様子みて考えたいと思います。

ライフメニューライトドッグフードに関するQ&A

ライフメニューライトに関して、考えられる疑問点とその答えを紹介します。

ライフメニューライトはアレルギーに良い?

アレルギーに良いドッグフードの基本的な条件は以下の通りです。

  1. 肉原料が1~2種類で肉原料の割合が多いこと
  2. 人工添加物不使用なこと
  3. 穀物が入っていないこと
  4. 抗酸化成分や抗炎症成分を含む原材料が多いこと

これらの条件をライフメニューライトは②しか満たさないうえ、アレルギーの原因になりやすい脱脂粉乳、原材料のわからないホエイタンパクカルシウム粉末が入っており、アレルギーに良くありません

ライフメニューライトは涙やけに良い?

涙やけに良いドッグフードの基本的な条件は以下の通りです。

  1. 肉原料が1~2種類で肉原料の割合が多いこと
  2. 人工添加物不使用なこと
  3. 穀物が入っていないこと
  4. キナ酸を含むクランベリーなどが入っていること
  5. 抗酸化成分を含む原材料が多いこと

これらの条件をライフメニューライトは②しか満たさないので、ライフメニューライトは涙やけに良くありません。

ライフメニューライトは被毛(毛艶)に良い?

被毛(毛艶)に良いドッグフードの基本的な条件は以下の通りです。

  1. タンパク質が豊富であること
  2. 脂質が豊富であること

この2つの条件を1つもライフメニューライトは満たさないので、ライフメニューライトは被毛(毛艶)に良くありません。

ライフメニューライトは皮膚に良い?

皮膚に良いドッグフードの基本的な条件は以下の通りです。

  1. タンパク質が豊富であること
  2. 脂質が豊富で脂質の脂肪酸のバランスが良いこと

この2つの条件を1つもライフメニューライトは満たさないので、ライフメニューライトは被毛(毛艶)に良くありません。

「脂質が多いから肌が脂っぽくなった」「脂質が多いと炎症を起こすけど、○○は低脂質だから安心」というようなことを言う方もいます。

しかし、そういう方は大抵の場合、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランスが悪い脂質を多く含むドッグフードをあげていた方です。

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランスが良い良質な脂質が豊富なドッグフードは愛犬の皮膚にとって非常に良いので頭の片隅に入れておいてください。

ライフメニューライトは胃腸に良い?

胃腸に良いドッグフードの基本的な条件は以下の通りです。

  1. 肉原料が多いこと
  2. アレルギーになりやすい食材が少ないこと
  3. 穀物が入ってないこと
  4. 乳酸菌やオリゴ糖が入っていること
  5. 食物繊維が適量入っていること

これらの条件をライフメニューライトは1つも満たしておらず、消化に悪い穀物が入っているのでライフメニューライトは胃腸に良くありません。

ライフメニューライトはダイエットに良い?

ライフメニューライトは炭水化物が多く、さらに炭水化物源のうち「じゃがいも」は太りやすい高GI食品で、カロリーが低いわけでもないので、ダイエットに良くありません。

ライフメニューライトはパピーに良い?

AAFCO(米国飼料検査官協会)の定める子犬用のドッグフードのタンパク質の最低含有量が22%のところライフメニューライトは23%とかなりギリギリです。
タンパク質は犬の健康にとって最も大切な栄養素なので、もう少しタンパク質が豊富なドッグフードを選んであげてください

ライフメニューライトはシニア犬に良い?

ライフメニューライトには穀物が入っており、消化に悪いので、成犬より少し消化機能が落ちているシニア犬の胃腸には負担が大きいです。
また、シニア犬であれば乳糖を消化する消化酵素(ラクターゼ)が少なくなっているので、脱脂粉乳で体調を崩す可能性がより大きくなります。

ライフメニューライトドッグフードの評価まとめ

ライフメニューライトは栄養素は低く、安全性は穀物やトランス脂肪酸を含む菜種油、乳糖を含む脱脂粉乳が入っていたり、食物繊維が過剰気味だったりといくつも問題があり、かと言って安いというわけでもありません。

また、口コミがほとんどないので実際の使用感が分からないというのも気になる点です。

このように、ライフメニューライトを選ぶ理由は1つもないので、当サイトのドッグフードランキングを参考により高品質でコスパも良いドッグフードを選んでください。