ドッグフードランキング

ドッグフード徹底評価:オソピュア(アーテミス)

アーテミスのドッグフード、オソピュアを徹底評価。

こんにちは、リョウです。

このページではアーテミスのドッグフード、オソピュアを栄養素・安全性・コスパの3つの軸で評価し、オススメ出来ないと結論付けています。

また、アーテミスから出ている「オソピュア」「アガリクス」「フレッシュミックス」の中では「アガリクス」が一番ましだとしています。

「オソピュア」に限らず、アーテミスのドッグフードに興味がある人は読んでみてください。

賢いドッグフード選びのヒントになるはずです。

オソピュア(アーテミス サーモン&ガルバンゾー 小粒)

オソピュアのココが◎
健康に良い原料が豊富。
グレインフリー
ヒューマングレード

オソピュアのココが×
炭水化物が多すぎる
②タンパク質のアミノ酸スコアが低い
ナトリウムが多すぎる
残留農薬が心配な原料
パッケージの穴

総合評価 ★★★☆☆
評価内容 栄養素:★★★★☆
安全性:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆
主原料 サーモン・ガルバンゾー
穀物 不使用(グレインフリー)
エネルギー 約361kcal/100g
人口添加物 保存料:不使用
着色料:不使用
甘味料:不使用
対応年齢 全年齢
価格/容量 2151円/1kg
原産国 アメリカ
販売元 株式会社ケイエムティ
賞味期限 開封前:製造から15か月
開封後:1か月

成分表

粗タンパク質 24.0%
粗脂質 14.0%
粗繊維 5.5%
水分 10.0%
オメガ6脂肪酸 2.4%
オメガ3脂肪酸 0.4%
ナトリウム 0.4%
エネルギー 約361kcal/100g

原料一覧

フレッシュサーモンドライサーモンガルバンゾー豆(ひよこ豆)えんどう豆ヒラマメえんどう豆粉ヒマワリオイルトマト絞り粕(リコピン)・フラックスシードチキンスープ(天然風味料)・・塩化コリン・乾燥チコリ根ユッカシジゲラエキスパンプキンココナッツオイルラクトバチルスアシドフィルスビフィドバクテリウムアニマリスラクトバチルスロイテリ・ビタミンE・キレート鉄・キレート亜鉛・キレート銅・硫酸第一鉄・硫酸亜鉛・硫酸銅・ヨウ化カリウム・チアミン硝酸塩(ビタミンB1)・キレートマンガン・酸化マンガン・アスコルビン酸・ビタミンA・ビオチン・ナイアシン・パントテン酸カルシウム・硫酸マンガン・亜セレン酸ナトリウム・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ビタミンB12・リボフラビン(ビタミンB2)・ビタミンD・葉酸

良い原料=オレンジ/悪い原料=
下線がついている原料は解説ページに飛べます。

公式ページ

オソピュアの栄養素

オソピュアの栄養素は星3つです。

たしかに、オソピュアではサーモンなど健康に良い原料を使って、穀物を使わずにグレインフリーで作られています。

しかし、炭水化物量とナトリウム量が多く、タンパク質のアミノ酸スコアが低いと推測されるため、健康的とは言い切れず、平均程度の評価になりました。

減点ポイント1:炭水化物

オソピュアの炭水化物率を計算すると約52%になります。52%というのは非常に高い数値です。

オソピュアはグレインフリーをセールスポイントに挙げています。しかし、炭水化物が52%も含まれているので、穀物アレルギーには良くても、全くヘルシーじゃありません。

炭水化物は血糖値を上昇させることで犬の肥満の原因になります。

また、炭水化物が多いということはオソピュアにはガルバンゾーなどの豆類が非常に多く入っているということです。消化不良の原因になりかねません。

減点ポイント2:タンパク質

オソピュアのドッグフードのタンパク質源はサーモンとガルバンゾーを含む豆類です。

サーモンのタンパク質はアミノ酸スコア100なので非常に良質なタンパク質ですが、豆類のタンパク質は大豆を除いてアミノ酸スコアが低く、質の悪いタンパク質です。

オソピュアでは豆類の割合が高いので24%のタンパク質のうち豆類由来のタンパク質の占める割合は少なくないと推測されます。

したがって、24%のタンパク質のうち、質の悪いタンパク質が少なからず含まれており、オソピュアのタンパク質の質を落としています。

減点ポイント3:ナトリウム

アーテミスから出ている「アガリクス」にも「フレッシュミックス」にも言えることですが、オソピュアのドッグフードのナトリウム量は少し多すぎます。

例えば、あなたの愛犬が2kgだとするとナトリウムの適正摂取量は約50㎎‐100㎎です。

しかし、愛犬にオソピュアの推奨する1日の給与量を与えるとナトリウムを約400㎎と適正摂取量の4倍も摂らせることになります。

ナトリウムの摂り過ぎは愛犬の腎臓に負担をかけ、将来的に腎臓に関する病気の原因にもなりかねません。

オソピュアの安全性

オソピュアの安全性は星4つです。

ヒューマングレードで人口添加物不使用で非常に安全に感じますが、1つだけ残留農薬が気になる原料を含むので、星5つには届きませんでした。

トマト絞り粕

オソピュアを含め、アーテミスのドッグフードにはトマト絞り粕が入っています。

トマト絞り粕はトマトの果肉を他の食品に利用した際に残る皮からつくられます。

皮の部分にはリコピンが豊富なので栄養を補助する目的で入れられています。

しかし、トマト絞り粕には農薬が含まれている危険性があります。

野菜の皮に農薬が残留していることは珍しいことではありません。

そのうえ、トマト絞り粕は農薬が残留しやすい皮の部分が主原料なので注意が必要です。

オソピュアのコスパ

オソピュアのコスパは星3つです。

たしかに、栄養素は星3つ、安全性は星4つと商品の質は悪くありません。

しかし、約2200/1kgの価格帯で考えたときに他にもっと栄養素と安全性の高いドッグフードがあるので、特にコスパが良いとは言えないと思います。

ただし、大きいサイズが7,236円/4.5kgで売ってます。そちらのサイズであれば1,610円/1kgになるので、1か月で4.5kg使い切れるのであればコスパは高くなります。

アーテミスで買うなら

アーテミスのアガリクスを評価しているページで、アーテミスの別シリーズであるフレッシュミックスよりアガリクスの方が優れているとしました。

では、オソピュアとアガリクスではどちらが良いのでしょうか?

僕はアガリクスとオソピュアを比べたら、アガリクスの方が優れていると感じています。

アガリクスにはドライ魚肉という酸化防止剤が使われている可能性がある原料が含まれています。

しかし、アガリクスの方が健康に良い原料が豊富で、炭水化物もナトリウムも少ないからです。

また値段もアガリクスの方が安いです。

オソピュアの口コミ

良い口コミ

排便が増え、体調が良くなった気がする。

問題なく食べてくれている。

小麦アレルギーだったけど、オソピュアに変えてから良くなった。

悪い口コミ

全然食べてくれない。

体を痒がるから無添加のオソピュアに変えてみたのに悪化した。

また、オソピュアに限らず、アーテミスのドッグフードの口コミには製品がしっかり封が出来ておらず穴が開いていたという口コミもありました。

この動画では猫用のアーテミスの商品を購入した男性が商品に穴が開いていたため、交換してもらったところ、交換してもらったものにも穴が開いていたと言っています。

アーテミスのドッグフードは人口添加物は不使用で抗菌作用のあるハーブなども含まれておらず、賞味期限は開封後1か月と短いです。

仮に、アーテミスが家に届1か月以上前に穴が開いていたとすると家に届いた時点でダメになっています。

穴が開いていたのに気が付かずに食べさせてしまい、愛犬が食中毒になるなんてこともあり得ます。

オソピュア評価まとめ

オソピュアには健康に良い原料を含んでおり、ヒューマングレード、グレインフリーなど良いところもたくさんあります。良い口コミも少なくありません。

しかし、炭水化物が非常に多く、タンパク質のアミノ酸スコアはそれほど高くなく、ナトリウムが多く、原料のトマト絞り粕には残留農薬の心配があり、パッケージに穴が開いている可能性があり、それほど安くないです。

そのため、オソピュアを選ぶなら他のドッグフードを選んだ方が良いというのが素直な意見です。