ドッグフードランキング

ドッグフード「PROPAC」を評価【星2】おすすめしません

PROPACドッグフード

このページではドッグフード「PROPAC」の①基本情報の紹介、②栄養素・安全性・コスパ・口コミの4つに基づいて評価したうえで、PROPACドッグフードはおすすめしないと結論付けています。

「PROPACドッグフードって何?」「PROPACドッグフードはプレミアムドッグフードの中では安いみたいだけど、品質はどうなの?」

そう疑問に思ってる方はこのページを読み進めてください。このページを読み終わればその疑問は消えています。

「PROPAC」ドッグフードのラインナップ

PROPACドッグフードにはアメリカ産のドッグフードでグレインフリーのラインナップ3つとグレインフリーでないラインナップ6つの計9つのラインナップがあります。ここでは日本でも手に入るグレインフリーではないラインナップ3つを簡単に紹介します。

PROPACパピーチキン 名前:「PROPACパピーチキン」/対応:幼犬・子犬/主原料:チキンミール、玄米、白米/危険な原材料:ホワイトフィッシュミール(人工添加物)、ビートパルプ(残留薬品)、卵(アレルギー)
PROPACチキン 名前:「PROPACチキン」/対応:全年齢/主原料:チキンミール、玄米、白米/危険な原材料:ビートパルプ(残留薬品)、卵(アレルギー)
PROPACラム 名前:「PROPACラム」/対応:全年齢/この後詳しく解説します。

(出典:http://intl.propacultimates.com/dog-food/)

このページでは「PROPACラム」の成分や原材料、口コミに基づいて評価していきます。

「PROPAC」ドッグフード

PROPACドッグフードの基本情報は以下の通りです。

PROPACドッグフード(出典:http://intl.propacultimates.com/dog-food/)

総合評価 ★★☆☆☆
評価項目 栄養素:★★★☆☆
安全性:★☆☆☆☆
コスパ:★★☆☆☆
口コミ:★★★☆☆(口コミが少ないため仮)
主原料 ラムミール、玄米白米
人工添加物 原材料に含まている可能性あり
穀物 玄米白米
肉副産物 不使用
対応年齢 全年齢
粒の大きさ 10mm
価格/容量 【2,380円/2.5kg】【6,966円/7.5kg(2.5kg×3)】
キロ単価 それぞれ【952円】【932円】
原産国 アメリカ
販売元 株式会社平和トレーディング商会
賞味期限 開封後:1か月(目安)

「PROPAC」ドッグフードの成分

PROPACドッグフードの成分は以下の通りです。

タンパク質 22%
脂質 12%
繊維 5.5%
灰分 9.3%
水分 10%
炭水化物* 46.7% 
オメガ6/オメガ3 2.25%/1.0%
ナトリウム 0.4%
エネルギー 334kcal/100g

*炭水化物は100%-(タンパク質+脂質+水分+灰分**)により計算。 **灰分の記載のないドッグフードは灰分を平均的な数値である8%と仮定して計算。

リョウ
リョウ
PROPACは脂質は良いですけど他はダメですね。タンパク質も豊富とは言えませんし、繊維が少し多すぎです。
オオカミ君
オオカミ君
炭水化物も少し多めだな。カロリーが低い分太りやすいってことはないだろうけど。

「PROPAC」ドッグフードの原材料

PROPACドッグフードの原材料は以下の通りです。

ラムミール、玄米、白米、エンドウ豆、米糠、ホワイトフィッシュミールキャノーラ油(ミックストコフェロール/ビタミンEで保存)、ビート・パルプ、フラックスシード、リンゴブルーベリー、ニンジン、ホウレンソウ、ブルーベリー繊維、クランベリー繊維、DLメチオニン、L-リジンタウリンユッカL-カルニチン、ベータカロチン、ビタミン類(A、D3、E、C、B1、B2、B3、B6、B12、ビオチン、コリン、葉酸、パントテン酸)、ミネラル類(カリウム、ナトリウム、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン)

オレンジ=良い原材料/=悪い原材料

リョウ
リョウ
卵はアレルギーの原因になりやすいので注意ですね。他の悪い原材料については後で解説しますね。
オオカミ君
オオカミ君
なるほどな。良い原材料は健康に抗酸化成分っていう健康に良い成分が豊富なリンゴ、ブルーベリーか。
リョウ
リョウ
カルニチンも脂肪を筋肉に変えるのを助けるらしいですよ。

「PROPAC」ドッグフードの評価内容

PROPACドッグフードの栄養素・安全性・コスパ・口コミの4つを解説していきます

「PROPAC」ドッグフードの栄養素

PROPACドッグフードの栄養素には良い点もありますが、心配な点が多いです。

「PROPAC」ドッグフードの栄養素:良い点

PROPACドッグフード栄養素:心配な点

①脂質量が理想的

一般的にドッグフードの理想的な脂質量は12%~17%だと言われています。PROPACドッグフードの脂質量は12%なので理想的です。さらに、PROPACの脂質は脂質の中でも特に健康に良いオメガ3脂肪酸が豊富なので非常に良質だと言えます。愛犬に良質な脂質を毎日十分に摂らせてあげることで免疫や皮膚、被毛の健康維持が期待できます。

「PROPAC」ドッグフードの栄養素:心配な点

PROPACドッグフード栄養素:良い点

①タンパク質量が少ない

PROPACドッグフードのカロリーは334kcal/100gです。334kcal/100gのドッグフードの理想的なタンパク質量は25.8%ですが、PRPPACのタンパク質量は22%なので理想的とは言えません。PROPACドッグフードは全年齢対応とは言ってますが、タンパク質量が22%というのはAAFCO(米国飼料検査官協会)が定める最低基準値と全く一緒です。特に子犬にはもう少し高タンパク質のフードをおすすめします。

②繊維が多い

PROPACドッグフードの繊維は5.5%です。一般的にドッグフードの繊維は4%以下のものが良いとされています。繊維は適量であれば、コレステロールを正常維持する効果や、腸の状態を改善するのに役立つを言われていますが、多すぎれば便秘などの症状の原因になりますので念のために注意が必要です。

リョウ
リョウ
本当はナトリウム量も少し心配なんですよね。PROPACドッグフードのナトリウム量は0.4%なんですけど、犬のナトリウムの推奨摂取量は体重1kgあたり25㎎~50㎎だと言われれてて、計算するとドッグフード100gあたり0.3%くらいなので。
オオカミ君
オオカミ君
まあでも、0.1%オーバーするくらいならしょうがない、、、よな?

「PROPAC」ドッグフードの安全性

PROPACドッグフードの安全性には良い点もありますが、心配な点が多いです。それぞれ説明していきます。

「PROPAC」ドッグフードの安全性:良い点

PROPACドッグフード安全性:良い点

①肉副産物不使用

肉副産物というのは非常に多くのものを指しますが、低品質のドッグフードの中には肉副産物と称して食用に向かない部位や病気で死亡した動物の肉、ペントバルビタールのような安楽死させるための薬を使用した動物の肉などが使われることがあります。実際に、ドッグフードの肉副産物にペントバルビタールが残留しており、ドッグフードを食べた子が死んでしまうという事故も起きています。愛犬の健康を守るうえで肉副産物不使用のドッグフードを選ぶのは非常に重要です。

「PROPAC」ドッグフードの安全性:心配な点

PROPACドッグフード安全性:心配な点

①人工添加物の危険性

ドッグフードの人工添加物不使用という記載は製造段階で使っていないということを意味するものであって、原料にも人工添加物が使われていないということを意味するものではありません。PROPACには魚原料が使われていますが、アメリカに入ってくる魚には酸化防止剤を使用することが義務付けられており、大抵の場合は人工添加物のエトキシキンが使われます。人工添加物がアレルギーや涙やけ、ガン等の病気の原因になる危険性が指摘されており、PROPACのホワイトフィッシュミールにも人工添加物が使われている可能性があるので注意が必要です。

②キャノーラ油の使用

PROPACドッグフードにはキャノーラ油が使用されています。キャノーラ油は酸化しにくいためドッグフードに使われることが多いですが、2つの危険性があります。

①遺伝子組み換え作物が原料の可能性が高いです。遺伝子組み換え作物は安全だとする声もある一方、危険だとする声もあり、食への安全意識の高いごく一部の作物以外はヨーロッパの多くの国では禁止されているので注意が必要です。

②危険なトランス脂肪酸を含んでいます。トランス脂肪酸は脂質に含まれる成分の1種ですが、アレルギー皮膚病生活習慣病の原因になると指摘されており、WHO(世界保健機関)が2023年までにトランス脂肪酸を使用している食品を根絶するべきだとしているほどなので注意が必要です。

③ビートパルプの使用

PROPACドッグフードにはビートパルプが使用されています。ビートパルプは砂糖の原料であるサトウダイコンから砂糖を抽出した後の副産物です。砂糖を抽出する際に硫酸系の薬品を使うことが多く、薬品の残留が懸念されています

④穀物の使用

PROPACドッグフードには穀物が使用されています。穀物は消化に悪く、消化不良アレルギー涙やけ等の原因になります。製法によって穀物の消化吸収を良くしてあるドッグフードもありますが、公式サイトにはそのような記載はありませんし、口コミが少なく実際にPROPACドッグフードを食べた子に穀物が原因だと考えられるような問題が出てないか調べることも出来ません。念のために注意が必要です。

リョウ
リョウ
心配な点で挙げたものはどれも危険性が否定できないってだけで、PROPACドッグフードが必ずしも危ないドッグフードってわけじゃないんですけどね。
オオカミ君
オオカミ君
でも少しでも危険性があるなら避けといた方が良いよな。

「PROPAC」ドッグフードのコスパ

PROPACドッグフードのキロ単価は2.5kg購入時で952円です。

次のドッグフード評価サイトで高評価を得ることが多いドッグフードを5つまとめた表を見てください。

モグワンドッグフード ファインペッツドッグフード ネルソンズドッグフード アカナドッグフード カナガンドッグフード
モグワン ファインペッツ ネルソンズ アカナ カナガン
当サイトでの総合評価(星1~5)
★5 ★4 ★5 ★4 ★5
他のサイト(「ドッグフード博士」での評価)(S~E)
S   S S S
他サイト(「ドッグフードの達人」での評価)(S~E)
S S A A S
キロ単価(円)
1,870 2,262 1,683 2,025 1,683

PROPACドッグフードはかなり安い方です。しかし、品質はかなり悪いのでいくら安くてもコスパが良いとは言えません

「PROPAC」ドッグフードの口コミ

PROPACドッグフードの口コミを出来る限り探しましたが参考になる口コミ(「配達が早かった」等のように製品自体に関係のない口コミ、「愛犬に合ってるので、いつもこれです」等のように具体性がない口コミを除いた全ての口コミ)は6件しか確認出来ませんでした。

5件の良い口コミの中で指摘されていた良い点とその回数は次の通りです。

①食いつきが良い(2件)
②涙やけが良くなった(2件)
③胃腸に問題が出ない(2件)
④皮膚の問題が出ない(1件)
⑤毛艶が良くなった(1件)

1件の悪い口コミの内容は体調不良になったというものでした。

オオカミ君
オオカミ君
口コミが少なすぎて、どれも偶然の可能性もあるんだよな。
リョウ
リョウ
ですね~。口コミは良いとも悪いとも言えなさそうです。

PROPACドッグフードの実際の口コミ

口コミ
口コミ
とうもろこしの全く含まれていないフードを与えていた。フケが気になりPROPACドッグフードに変えた。切り替えはスムーズ。気がつけばフケが止まり、腸の調子がとても良い。粒の大きさはキャットフードと同じくらい。食べづらいときは、水を食べる直前に加えてあげると良い。とてもよく食べる
口コミ
口コミ
白ペキニーズの涙やけがひどくて、色々なフードを試しました。涙やけが治ったフードがあったのですが、
生産中止になってしまい、かわりになるものを探していました。一番のポイントは、化学成保存料及び着色料は、一切使用していないもの。PROPACドッグフードを食べましたが涙やけ出ませんこれから長い間お世話になります。
口コミ
口コミ
皮膚が弱いので、色々試した結果PROPACドッグフードに落ち着いてます。

「PROPAC」ドッグフードの評価まとめ

PROPACドッグフードのメリットとデメリットをまとめると次の通りです。

①免疫や皮膚、被毛の健康維持に欠かせない脂質が豊富。

②肉副産物不使用で安心&食いつきも期待できる。

③安い。

①タンパク質量が理想量には届かず、筋肉質で活発になる効果が期待できる。

②繊維が多く、便秘が少し心配。

③アレルギーやガン等の原因になると指摘されている人工添加物が魚原料に含まている可能性がある。

④生活習慣病の原因になるトランス脂肪酸を含むキャノーラ油が使われている。

⑤遺伝子組み換え作物が使われている。

⑥薬品の残留が懸念されているビートパルプが使われている。

⑦消化に悪く、消化不良やアレルギー、涙やけの原因になる穀物が使用されている。

メリットに比べてデメリットが多すぎるので、PROPACドッグフードはおすすめしません。PROPACドッグフードのキロ単価は約950円ですが、もう100円とちょっと出して同じくタンパク質が理想的ではないというデメリットはあるものの、PROPACドッグフードよりもかなり安全性の高いドイツ産のドッグフード「プラチナムナチュラル」を検討してみてください