ドッグフードランキング

ヤングアゲインドッグフードを評価【星3】

ヤングアゲインドッグフード

このページではヤングアゲインドッグフードの①基本情報の紹介、②栄養素・安全性・コスパの3つに基づく評価をしたうえでヤングアゲインドッグフードはおすすめだと結論付けています。

有名なドッグフードではないので、「ヤングアゲインドッグフードって何?」「ヤングアゲインドッグフードって良いの?」と疑問に思ってる方が多いかと思います。

このページを読み終えるころにはそういった疑問は消えているので、参考にしてください。

ヤングアゲインドッグフード

ヤングアゲインドッグフードのラインナップは全年齢・全犬種対応のドッグフードが1種類だけです。基本情報は以下の通りです。

ヤングアゲインドッグフード
総合評価 ★★★☆☆
評価項目 栄養素:★★★★☆
安全性:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆
口コミ:情報不足のため★★★☆☆と仮定
主原料 ポークミール、ジャガイモ澱粉、チキンミール
人工添加物 不使用(無添加)
穀物 不使用(グレインフリー)
肉副産物 不使用
対応年齢 全年齢
粒の大きさ 5㎜
価格/容量 【9,612円/4.5kg】【29,160円/18.1kg】
キロ単価 それぞれ【2,136円】【1,611円】
原産国 アメリカ
販売元 有限会社プライスレス
賞味期限 開封後:1か月
リョウ
リョウ
うちでも評価高いですけど、アメリカで有名なドッグフード評価サイトでも星5の満点評価を受けてるみたいですよ。
オオカミ君
オオカミ君
それはすげぇな。気になるのは口コミが少ないことくらいか。

ヤングアゲインドッグフードの成分

ヤングアゲインドッグフードの成分は以下の通りです。

タンパク質 40%
脂質 16%
繊維 3%
灰分 7%
水分 10%
炭水化物* 20%
オメガ6/オメガ3 記載なし
エネルギー 367kcal/100g

*炭水化物は100%-(タンパク質+脂質+水分+灰分**)により計算。 **灰分の記載のないドッグフードは灰分を平均的な数値である8%と仮定して計算。

 

オオカミ君
オオカミ君
あれ?もしかしてヤングアゲインドッグフードはタンパク質が多すぎるのか?
リョウ
リョウ
そうです。でもそれ以外の脂質や繊維、灰分、水分、カロリーは全部問題なしですね

ヤングアゲインドッグフードの原材料

ヤングアゲインドッグフードの原材料は以下の通りです。

ポークミール、ジャガイモ澱粉、チキンミール、鶏脂肪、トマト繊維(繊維源)、ニシンミールフィッシュミール、魚油、第二リン酸カルシウム、醸造酵母、クエン酸カリウム、塩化カリウム、チキンレバーフレーバー、粉末セルロース(繊維源)、塩化コリン、フラクトオリゴ糖(FOS)、DLメチオニン、タウリン、炭酸カリウム、ビタミンEサプリメント、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸(安定化ビタミンC源)、無水ベタイン、塩、L-カルニチン、硫酸マグネシウム、硫酸亜鉛、ローズマリーエキス、ユッカシギゲラエキス、ビタミンB12サプリメント、ナイアシンアミド(ビタミンB3)、ビオチン(ビタミンB7)、一硝酸チアミン(ビタミンB1)、葉酸(ビタミンB9)、ビタミンAアセテート、リボフラビン(ビタミンB2) 、パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)、セレン酵母乾燥麹菌発酵エキス乾燥ペディオコッカス・アシディラクティシ発酵物、ベータカロチン、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、ビタミンD3サプリメント、コバルト硫酸塩、混合トコフェロールおよびクエン酸(保存料)

オレンジ=良い原材料/=悪い原材料

リョウ
リョウ
ヤングアゲインドッグフードの良い原材料は醸造酵母やフラクトオリゴ糖、セレン酵母とかの腸に優しい食材が多いですね。
オオカミ君
オオカミ君
腸は全身の免疫機能が集まってるから腸に優しい=体に優しいってことでもあるよな。ヤングアゲインドッグフードの悪い原材料はどうしてダメなんだ?
リョウ
リョウ
それは安全性の項目で解説しますね。

ヤングアゲインドッグフードの評価内容

ヤングアゲインドッグフードの栄養素・安全性・口コミを解説していきます。

ヤングアゲインドッグフードの栄養素

ヤングアゲインドッグフードの栄養素には良い点も心配な点もあります。それぞれ説明していきます。

ヤングアゲインドッグフードの栄養素:良い点

ヤングアゲインドッグフードの栄養素良い点

①脂質量が理想的

ヤングアゲインドッグフードの脂質量は16%です。一般的にドッグフードの理想的な脂質量は12%~17%だと言われているので、ヤングアゲインドッグフードの脂質量は理想的だということがわかります。理想的な脂質を毎日摂らせてあげることで愛犬の免疫や皮膚、被毛の健康維持が期待できます。

②炭水化物が控えめ

ヤングアゲインドッグフードの炭水化物は20%ですが、この数値はドライタイプのプレミアムドッグフードの中で1番低いです。AAFCO(米国飼料検査官協会)は「炭水化物は摂らなさすぎるということはない」との見解をしめしており、炭水化物は太りやすい栄養素なので、少なければ少ないほど良いと考える人もいます。

リョウ
リョウ
ただ、正直なところ炭水化物が少ないってことはタンパク質か脂質が多いってことで、いくらタンパク質と脂質は犬の健康に大切って言っても摂り過ぎはやっぱり良くないので、ヤングアゲインドッグフードの20%って値も良いけど30~45%くらいがベストなんじゃないかなとおもいますけどね。
オオカミ君
オオカミ君
たしかに。特に脂質が多すぎると膵臓に負担かけるしな。

ヤングアゲインドッグフードの栄養素:心配な点

ヤングアゲインドッグフードの栄養素:心配な点

①タンパク質が過剰気味

ヤングアゲインドッグフードのタンパク質量は40%です。カロリーとの比率等を無視すると高タンパク質フードで有名なチャンピオンペットフード社の「オリジン」よりも高タンパクです。しかし、必ずしも良い事ではありません。367kcal/100g のドッグフードの理想的なタンパク質量は37.7%程度で40%だと少しオーバーしてしまうからです。タンパク質を長期的に過剰摂取することで肝臓に負担をかける可能性があります。

リョウ
リョウ
犬はタンパク質を摂っても摂り過ぎることはないとする研究結果もあるんですけどね。念のためって感じですね。
オオカミ君
オオカミ君
良いドッグフードはいっぱいあるから、ちょっとでも疑わしいものは避けるのが正解だよな。
リョウ
リョウ
そのドッグフード特有の良さみたいなのがあれば別ですけどね。

ヤングアゲインドッグフードの安全性

ヤングアゲインドッグフードには良い点もありますが、心配な点もあります。それぞれ説明していきます。

ヤングアゲインドッグフードの安全性:良い点

ヤングアゲインドッグフードの安全性心配な点

①グレインフリー

穀物は消化に悪く、消化不良アレルギー涙やけ等の原因になると指摘されていますが、穀物不使用でグレインフリーのヤングアゲインドッグフードでなら穀物が原因のこれらの症状から愛犬を守ることが出来ます。特に、ヤングアゲインドッグフードはグレインフリーなだけでなく、穀物以外にも消化に悪い食材は入っていないので非常に消化に良いドッグフードだと言えます。

②肉副産物不使用

肉副産物は様々の物を指しますが、食用に向かない部位や、安楽死させられた動物の肉を肉副産物としてドッグフードに使っていることもあります。安楽死させる際に用いる鎮静剤が残留しており死亡事故に繋がった事件もありました。しかし、ヤングアゲインドッグフードは肉副産物は一切使用していないので安全です。安心して食べさせてあげることが出来るのはもちろん、高品質の原材料で食いつきが期待できます。

ヤングアゲインドッグフードの安全性:心配な点

 

ヤングアゲインドッグフードの安全性心配な点

①人工添加物の心配

ヤングアゲインの公式サイトには人工添加物不使用との記載はあります。しかし、ヤングアゲインの原材料のニシンミールやフィッシュミールに使われている魚には人工添加物が使われている可能性があります。通常、ドッグフードの人工添加物不使用という表記はドッグフードの製造段階で人工添加物を使っていないという事実を示すものであって、原材料にも人工添加物が含まれていないということを意味するものではないからです。人工添加物はアレルギー皮膚病、涙やけ、ガン、その他病気の原因になるので念のために注意が必要です。

リョウ
リョウ
原材料にも人工添加物は使われてない可能性の方が高いとは思うんですけどね~。北米だと魚原料には酸化防止剤を使うことが多いみたいなんですよね。
オオカミ君
オオカミ君
だから、「アカナ」とか「オリジン」のチャンピオンペットフード社は魚を捕ってから酸化防止剤をいっさい使わないで届けてもらうために特別料金払ってるんだもんな。
リョウ
リョウ
そういうことなんですよ。

ヤングアゲインドッグフードのコスパ

ヤングアゲインドッグフードのキロ単価は4.5kg購入時で2,136円です。

次のドッグフード評価サイトで高評価を受けることが多いドッグフードを5つまとめた表を見てください。

モグワンドッグフード ファインペッツドッグフード ネルソンズドッグフード アカナドッグフード カナガンドッグフード
モグワン ファインペッツ ネルソンズ アカナ カナガン
当サイトでの総合評価(星1~5)
★5 ★4 ★5 ★4 ★5
他のサイト(「ドッグフード博士」での評価)(S~E)
S   S S S
他サイト(「ドッグフードの達人」での評価)(S~E)
S S A A S
キロ単価(円)
1,870 2,262 1,683 2,025 1,683

ヤングアゲインドッグフードのキロ単価は他のプレミアムドッグフードと比べて少し高めです。品質も表の中のドッグフードに比べても少し劣ります。ヤングアゲインドッグフードのコスパは悪くはないのですが、それほど良くもありません。

ヤングアゲインドッグフードの口コミ

ヤングアゲインドッグフードの口コミは日本でもアメリカやその他外国でもほとんどみつかりませんでした。口コミを確認でき次第更新していきます。

オオカミ君
オオカミ君
ヤングアゲインドッグフードは口コミがないのか。口コミは重要なのにな。
リョウ
リョウ
成分や原材料が良くて、公式サイトでいくら良いことばっかり書いてあっても口コミは悪いなんてこともありますからね。

ヤングアゲインドッグフードの評価まとめ

ヤングアゲインドッグフードのメリットとデメリットをまとめると次の通りです。

①脂質量が理想的で皮膚や被毛の健康維持の効果が期待出来る。

②炭水化物が控えめで太りにくい。

③グレインフリーで消化不良やアレルギー、皮膚病の原因になる穀物不使用。

④肉副産物不使用で安全かつ食いつきが期待できる。

①タンパク質が少し過剰気味で肝臓に負担をかける。

②ニシンミールやフィッシュミールに人工添加物が含まれている可能性がある。

メリットもありますが、デメリットもあり、口コミも確認できません。そのため、特にヤングアゲインドッグフードに拘りがなければおすすめしません。他のプレミアムドッグフードを検討してみてください。