ドッグフードランキング

ヤムヤムヤム(YUMYUMYUM)ドッグフードを評価【星2】

ヤムヤムヤム

ヤムヤムヤム(YUMYUMYUM)は株式会社カラーズが販売している国産ドッグフードです。96%が食べたといっています。

こんにちは、ドッグフードAtoZを運営しているリョウです。

当サイトは、僕が生活習慣病で愛犬を失った経験から、他の飼い主さんに同じ轍を踏ませまいと始めました。

今回はヤムヤムヤムの 成分・原材料・栄養素・安全性を丁寧に解説しています。

読めば、客観的な事実に基づいて、ヤムヤムヤムを購入しても良いのか判断できるので、購入前に参考にしてください。

ヤムヤムヤムの総評

ヤムヤムヤムは犬にとって最も大切な栄養素のタンパク質は少ないうえ、アミノ酸バランスが悪く、脂質も脂肪酸のバランスが悪いうえに、理想量入っているとは言えません。

また、多くの国産ドッグフード同様、安全性を売りにしているようですが、消化不良やアレルギー、涙やけの原因になると指摘されている穀物が入っており、安全性も決して高くないです。

値段も高いので、1つも買う理由がありません。

ヤムヤムヤムの基本情報

ヤムヤムヤムには「やわらかドライ」と「ドライ」がありますが、やわらかドライは主食としては栄養素が全く良くないので、「ドライ」タイプのチキンの情報に基づいて評価していきます。

ヤムヤムヤム
総合評価 ★★☆☆☆
評価項目 栄養素:★☆☆☆☆
安全性:★★★☆☆
コスパ:★☆☆☆☆
口コミ:*
主原料 鶏肉・大麦・玄米
人工添加物 不使用
穀物 大麦・玄米
肉副産物 不使用
対応年齢 全年齢
粒の大きさ ~約10㎜
価格/容量 【5,478/2kg】
キロ単価 それぞれ【2,739円】
原産国 日本
販売元 株式会社カラーズ
賞味期限 開封後:1か月目安

*口コミの数が少ないうえ、その他の評価項目の評価にバラツキがあるので、評価していません。

成分

ヤムヤムヤムの成分円グラフ
カッコ内の%は米国学術研究会議(NRC)、およびAAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準ならびに「小動物臨床栄養学」のガイドラインとカロリーにより計算した理想的な数値です。

タンパク質 22.5%(28%~37%)
脂質 11%(12%~17%)
繊維 1.5%(~4%)
灰分 6.5%(5%~10%)
水分 5.5%
炭水化物* 54.5%
オメガ6/オメガ3 10/1
エネルギー 358kcal/100g

*炭水化物は100%-(タンパク質+脂質+水分+灰分**)により計算。 

原材料

原材料イメージ
鶏肉、大麦、玄米、ビール酵母かつお節全卵、チキンエキス、酵母エキスオリゴ糖、にんじん、発酵調味液、ブロッコリー、かぼちゃ昆布、しいたけ、ミネラル類(牛骨カルシウム、卵殻カルシウム、塩化カリウム、塩化ナトリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB12、パントテン酸カルシウム)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

オレンジ=良い原材料/紫=悪い原材料

1)鶏肉
低カロリータンパクな原材料です。しかし、水分を69%含んでおり、調理後の原材料に占める割合はごく一部になります。ヤムヤムヤムは鶏生肉が30%使われていると宣伝していますが、調理後、ドッグフードに占める割合は10%程度です。

2)大麦
アレルギーの原因になるグルテンが入っていない炭水化物源です。しかし、穀物は消化に悪く、消化不良や涙やけの原因になるので注意が必要です。

3)玄米
アレルギーの原因になるグルテンの入っていない炭水化物源です。しかし、しかし、穀物は消化に悪く、消化不良や涙やけの原因になるので注意が必要です。

4)ビール酵母
善玉菌を増やして腸内環境を整える効果を持ちます。また、ビタミン、ミネラル、食物繊維、免疫細胞の活性化・コレステロールの正常維持・血糖値の上昇を緩やかにする作用を持つβグルカン、抗酸化作用を持つグルタチオンが豊富です。

5)かつお節
アミノ酸スコアの高いタンパク質が非常に豊富な優秀なタンパク質源。ビタミンもミネラルも豊富です。

6)全卵
卵をパウダー状にしたもので、アミノ酸スコアが100の非常に良質なタンパク質が含まれています。しかし、卵は犬のアレルギーの原因になりやすい食材なので注意してください。

7)チキンエキス
アミノ酸が豊富に溶けだしている肉汁ですが、基本的には用途は味を調えることです。

8)酵母エキス
酵母の菌体自体を化学的に分解抽出した成分のことで、アミノ酸やビタミン、ミネラルを含んでいます。なお、製造方法によっては分解段階で発がん性物質であるクロロプロパノール類が副産物として生成される危険性が指摘されているので注意が必要です。

9)オリゴ糖
腸内の善玉菌を活性化し腸内環境を整えるのに役立ちます。

10)にんじん
アレルギーの原因になるグルテンを含んでいない炭水化物源で、ビタミンAが豊富です。

11)発酵調味液
発酵調味液は発酵させることでうま味がでる、醬油や味噌などを含む、調味料の総称なので、何が使われているのかは分かりません。しかし、そんなものを平気で使うヤムヤムヤムのメーカーが飼い主さんに優しいメーカーではないのがよくわかります。

12)ブロッコリー
ビタミン、ミネラルが豊富です。

13)カボチャ
体内に入ってから糖に変わるのが比較的はやい中GI食品なので、カボチャが多く含まれているドッグフードは肥満の原因になります。しかし、ビタミンやミネラル、抗酸化・免疫力向上作用を持つルテインが豊富です。

14)昆布
整腸・コレステロールの正常維持作用を持つアルギン酸、肝機能補助・抗菌・抗アレルギー・コレステロールの正常維持作用を持つフコイダン、抗酸化・抗ガン・脂肪分解作用を持つフコキサンチンを含みます。

15)しいたけ
栄養素豊富なイメージがあるようですが、ビタミンもミネラルも大して入っておらず、栄養豊富ではありません。

ヤムヤムヤムの評価内容

ヤムヤムヤムの栄養素・安全性の評価とその評価理由を解説していきます。

栄養素

ヤムヤムヤムの栄養素の評価は星1です。

本来なら豊富に含まれるべきタンパク質・脂質が少なく、含有量が少ないことが望ましい炭水化物が多く理想の栄養素とは真逆なため、栄養素は星1の評価としました。

悪い点について、解説します。

タンパク質が少なく、質が悪い

ドッグフードに含まれるタンパク質の働き
ヤムヤムヤムのタンパク質の含有量は理想よりもかなり少なめ。

さらに、量だけでなく、含まれているアミノ酸バランスも大切ですが、ヤムヤムヤムのタンパク質はアミノ酸バランスが悪いです。

オオカミ君
オオカミ君
肉類の占める割合が少なくて、アミノ酸バランスの低い植物性タンパク質が多いからな。 

そのため、上の図にあるようなタンパク質の働きはそれほど期待できません。

脂質が少なく、質が低い

ドッグフードに含まれる脂質の働き
ヤムヤムヤムの脂質は理想量を下回っています。

また、脂質は含まれるオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の比率が重要。
オメガ6脂肪酸には健康維持効果もありますが、皮膚や関節の炎症の原因にもなり、その作用を打ち消すのがオメガ3脂肪酸だからです。

リョウ
リョウ
脂質の豊富なドッグフードが原因で、皮膚の状態が悪くなったって人は多いです。
でも問題なのは、その脂質の質が悪いことなんですよね。

オメガ3脂肪酸/オメガ6脂肪酸=1/4よりも大きければ問題ありません。

しかし、ヤムヤムヤムの場合は1/10なので、脂肪酸のバランスが悪いです。

炭水化物が多い

犬は炭水化物をほんの少し摂取すれば十分で、摂り過ぎると肥満の原因になります。

オオカミ君
オオカミ君
AAFCOは「炭水化物は取らなすぎるということはない」って言ってるな。

プレミアムドッグフードには、炭水化物が45%前後の物が多いですが、ヤムヤムヤムの炭水化物は約55%で10%も多いです。

カロリーが高いこともあり、ヤムヤムヤムは太りやすいでしょう。

安全性

ヤムヤムヤムの安全性は星3です。

ヤムヤムヤムは人工添加物不使用ヒューマングレードなのは良いですが、穀物を使っているという悪い点もあるため、安全性が高いとは言えず、星3としました。

良い点と悪い点についてそれぞれ紹介していきます。

人工添加物不使用

人工添加物不使用
ヤムヤムヤムは人工添加物不使用です。

人工添加物はFDA(アメリカ食品医薬品局)によってアレルギーや涙やけの原因になると指摘されています。

リョウ
リョウ
もちろん、人工添加物は安全だって言ってる人もいます。
ただ、避けておいて損はないです。

その人工添加物が入っていないということは、アレルギーや涙やけから愛犬を守ることができるということです。

ヒューマングレード

ヒューマングレード
ヤムヤムヤムはヒューマングレードです。
つまり、人間でも食べられるほど高品質な原材料を使っているということ。

ドッグフードの中には、低品質な原材料を使っているものも多く、中には、4Dミート(死骸、病気、死にかけ、障害を持つ動物の肉)と呼ばれる肉が使われていることもあり、死亡事故も起きています。

オオカミ君
オオカミ君
アメリカでドッグフードに肉に安楽死薬が残留してた事故だな。

しかし、ヤムヤムヤムであればそのような心配はないので、安心して食べさせてあげることが可能です。

穀物の使用

炭水化物
ヤムヤムヤムには穀物が入っています。

犬の長い歴史からみれば、穀物を食べるようになったのはつい最近のこと。

オオカミ君
オオカミ君
犬と人間の歴史は15~40万年前に始まったけど、ずっと肉ばっかり食べてたからな。

また、口内からは穀物を消化するのに役立つアミラーゼが分泌されていないなど、犬の体は穀物の消化に適していません。

そのため、消化不良やアレルギー、涙やけの原因になるほか、腸内環境が悪くなることで全身の免疫が落ちる可能性もあります。

口コミ

口コミを評価できるほど口コミはありませんでしたが、いくつか口コミがあったので、参考になりそうなものをいくつか紹介します。

食いつきが良い
3才のトイプードルですが、フードが苦手で、朝出したフードが晩までのこってて、やっと食べる感じでした。
色んなフード試しましたが、ダメでした。
ヤムヤム教えてもらってから朝晩完食してくれます!
ほんと体調も
いいみたいです!
丸吞みしてしまう
小粒なので、小型犬には良いと思います。ただ、家のミニチュアシュナウザーには小粒過ぎて丸のみでした。鰹風味が、美味しそうです。
食べない
結論から言うと、我が家のチワワはこのフード単体では食べてくれませんでした。
今食べているドットわんに混ぜるとなんとか食べてくれます。
ニオイはあまり変わらない気がするんだけど、ワンコには違いがハッキリわかるのか?
我が家のチワワは決して食は細くありません。
ご飯の催促はすごいし、食べるスピードも速いし、オヤツも大好きです。
でもなぜかドッグフードは好き嫌いがあって、今はドットわんしか食べません。
こちらのフードは体によさそうなので、食べてくれなくて残念。
食べてくれるコにはオススメできるフードだと思います。

ヤムヤムヤムのまとめ

ヤムヤムヤムドッグフードは高いわりに全く良いドッグフードではありません。

より安価でより高品質なドッグフードがあるので、他のドッグフードにした方が、飼い主さんと愛犬のためになるでしょう。

愛犬に合いそうな高品質ドッグフードを探している方はドッグフードランキングを参考に、より合いそうなものを選んでください。